VWは全固体電池を自動車に搭載することについてBlue Solutionsと話し合っている

1 min read

全固体車用バッテリーは Apple Car のようなもので、常に角を曲がったところにありますが、約束された航続距離の延長と充電時間の短縮が実際に実現することはありません。少なくともこれまでのところ。しかし、だからといって自動車メーカーが自動車メーカーへの投資を止められるわけではなく、今日の新しい報道によると、VWは全固体電池への愛情を理由に、フランスの複合企業ボロレの一部門であるブルー・ソリューションズと交渉中だという。

当然のことながら、ブルー・ソリューションズはすでにダイムラー電気バス用の全固体電池を生産しているようだ。 VWとブルー・ソリューションズは現在、交渉の初期段階にあり、今後数カ月以内に共同開発合意に達することを目指しているようだ。このアイデアは、ソリッドステート技術をバスから自動車に応用することです。

VWは全固体電池を自動車に搭載することについてBlue Solutionsと話し合っている

全固体電池に関するVWの動きはこれが初めてではない。同社はすでに自動車用全固体電池を開発している米国企業QuantumScapeに3億ドルを投資している。ブルーソリューションズとの協議は、VWがこの分野での選択肢を広げ、リスクを回避することがすべてのようだ。

ブルー・ソリューションズは、VWからのアプローチを受ける前からすでに自動車用全固体電池の開発に取り組んでおり、すでにBMWおよびもう1社の無名企業と開発契約を結んでいる。ブルー・ソリューションズ社の広報担当者によると、この車のバッテリーは20分で充電されるとのことだが、その容量やどのような充電レベルで動作するのかについてはこれ以上詳しくは述べなかったが、20分で0から100%になるのか、それとも10から80%になるのか、そういうこと。

いずれにせよ、これは大いに宣伝されているトヨタの全固体電池技術の予想充電時間の2倍だが、現時点では実際のテストが行​​われていないため、これらの数字は両方ともマーケティングに使用されているだけだ。

もちろん、すべての大手EV電池メーカーは固体技術を開発する独自の計画を持っており、ニオは現在、世界初の「半固体」電池を開発している。私たちはゆっくりと約束の地に到着しているように見えますが、その旅は当初誰もが予想していたよりもはるかに長い時間がかかることが判明しています。

2024-01-16 22:00