VWが中国でEU市場向け「Cupra Tavascan」の生産を開始

1 min read

ドイツと中国の自動車連合の子孫であるフォルクスワーゲン安徽社は、ヨーロッパ公道向けのクプラ・タバスカンの生産を開始した。フォルクスワーゲンと安徽江淮汽車集団(JAC)の提携により2017年に設立された同社は、最近、地元産業チェーンの優れたEV製造能力を活用し、ヨーロッパと中国の消費者の目の肥えた好みに応える計画を発表した。

これは興味深い動きであり、中国の繁栄するEV市場に特に焦点を当てて、ラインナップを電動化するというフォルクスワーゲンの壮大な戦略の一環として行われたものである。

タバスカンの生産は、フォルクスワーゲン安徽省の中国での 3 番目の MEB 工場の開設と同時に行われます。この工場は 2021 年 4 月に着工し、2022 年 3 月から活発に稼働しています。

VWが中国でEU市場向け「Cupra Tavascan」の生産を開始

クプラ タバスカンはヨーロッパの顧客向けに準備が整っていますが、忙しい中国市場向けに特別に設計された別のフォルクスワーゲン ブランドのモデルが 2024 年に組立ラインに加わる予定です。

フォルクスワーゲンの中国における足跡は 40 年にわたり、上汽フォルクスワーゲンと一汽フォルクスワーゲンという 2 つの合弁会社が燃料中心の時代の成功の栄光に浸っています。しかし、世界の自動車情勢が電動化に傾いている中、フォルクスワーゲン安徽は急速に変化する市場での存在感を維持するという同社の試みとして浮上している。

安徽省向けに総額 231 億元 (30 億 3000 万ユーロ) の投資が予定されており、フォルクスワーゲンは自動車を製造するだけでなく、この地域の電動モビリティの将来を形作ることにも取り組んでいます。安徽省、特に合肥は単なる生産拠点ではありません。これは、フォルクスワーゲンのドイツ本社の枠を超えた、新エネルギー車の研究開発、イノベーション、部品調達を行う初のグローバルセンターです。

VWが中国でEU市場向け「Cupra Tavascan」の生産を開始

昨年のブルームバーグの報道で、フォルクスワーゲンが中国で製造したEVを欧州市場に輸出する計画であることが明らかになった。この動きの背後にある理論的根拠は、フォルクスワーゲンの国内市場における生産能力が限られていることに起因すると考えられます。そして、そこが奇妙なところだ――ヨーロッパの話によれば、フォルクスワーゲンは自国市場での車の販売に苦戦しており、何度か生産を停止しなければならなかったからだ。

フォルクスワーゲンが、EU委員会に中国のEVメーカーに対する広範な調査の開始を促し、不当行為を行っているとして働きかけたロビー活動の背後にいると考えると、事態はさらに奇妙になる。その間、VWはヨーロッパ向けEVの中国での生産開始の準備を進めていた。

クプラ タバスカンがヨーロッパの道路に少しずつ近づくにつれて、フォルクスワーゲン安徽省の電気自動車の未来への進出は、答えを与えるというよりも多くの疑問を引き起こしています。 VWが存続できる唯一の方法は生産を中国に移すことのようだが、中国市場でも同社はあまりうまくいっておらず、ID.7 Vizzionのスタートはかなり残念だった。もしかしたら、制作コストはパズルの一部にすぎないのでしょうか?おそらく、もしかしたら、VW は自社の製品を注意深く見て、何かが違うことに気づくべきではないでしょうか?

2023-12-31 14:18