Rivian R1S DM LP は 566 km EPA 航続距離を獲得、R1T と RS1 は​​ EVgo Autocharge+ に対応

1 min read

Rivian R1T デュアル モーター ラージ パック構成が 566 km EPA のかなり安定した評価を獲得した後、R1S の同じ構成も同様にパフォーマンスを発揮しているようです。 21 インチ ホイールを備えた R1S DM LP はプラグから最大 566 km まで走行できますが、22 インチ ホイールでは EPA 定格が 549 km に短縮されます。 20 インチのホイールを備えた全地形対応タイヤが最も大きな影響を与えるようで、航続距離は 494 km に短縮されます。

ここで注目すべきもう 1 つの興味深い点は、デュアル モーター バージョンの方がクアッド モーターの代替バージョンよりも効率が高いように見えることです (正確に言うと、約 10%)。コンテキストとして、ラージパックを使用したクアッドモーターの反復は 509 km の EPA 評価を取得しています。さらに、クアッドモーターバージョンはより高価であるため、デュアルモーター自体が非常に強力なケースとなります。

他のニュースとして、全米の充電器チェーン EVgo は、Rivian R1S と R1T が両方とも Autocharge+ システムでサポートされるようになったと発表しました。知らない人のために説明すると、EVgo ステーションの Autocharge+ 機能を使用すると、ドライバーはクレジット カードや EVgo プログラム カードをタップするなどの追加の手順を実行することなく、車両に接続して充電できます。アプリも必要ありません。車で乗り込んで充電します。

同社のプレスリリースによると、EVgoのAutocharge+は現在30モデルと互換性があり、顧客からのフィードバックは素晴らしいという。 Autocharge+ システムは、すべての充電セッションの約 13% を占めます。使いやすさが最大の原動力です。

CCS アダプターを備えたほとんどの車両はこの機能をサポートしており、テスラの車両でも CCS Combo 1 アダプターを使用すると充電できます。

2023-08-18 01:54