Nioは2025年にヨーロッパでより安価なFireflyブランド車を発売する予定

1 min read

Nio はすでにヨーロッパの多くの国で展開されており、いくつかのモデルが販売されています。同社はヨーロッパでもバッテリー交換ステーションの建設を開始しているが、ヨーロッパ大陸での計画は将来さらに壮大なものであるようだ。

Nioの共同創設者で社長兼取締役のLihong Qin氏は、本日オンラインでの記者会見で、同社が2025年にヨーロッパでFireflyと呼ばれる安価なブランドを立ち上げると述べた。

Nioは2025年にヨーロッパでより安価なFireflyブランド車を発売する予定

ファイアフライとそのもう一つのサブブランドであるアルプスはどちらも家族向けの車の生産に注力する予定だが、ファイアフライはより小型のモデルも提供するだろうと同氏は付け加えた。残念ながら、彼はそれ以上の詳細には踏み込まなかった。アルプスはヨーロッパへの到達は確認されていない。

2025 年にヨーロッパで打ち上げられる予定で、来年後半にはヨーロッパ大陸での Firefly の活動に関するさらなる情報が入手可能になると予想されます。

ここでの一般的な戦略は非常に明白であるように思えます。Nio をプレミアム ブランドとして維持しつつ、それほど高い価格を払いたくない人にも何かを提供するというものです。そこで Firefly が登場します。Nio ブランドは「安価」ではありません。一方、Nio は依然として欧州市場のローエンド市場での需要から利益を得ることができます。

2023-12-16 00:56