Lucid Air が新たな長距離テストでトップ、VW ID.7 は期待外れ

1 min read

別の主要な EV シリーズが到着しました。今回は Motor 1 の担当者の厚意によるものです。この実験には、最も人気のある EV モデル 11 モデルが参加し、1 回の充電でどれくらいの時間持続できるかを示しました。車両はイタリアのローマ市を囲む環状道路「アウトストラーダ・デル・グランデ・ラコルド・アヌラーレ」に沿って同時に走行し、各車両の条件が均等になるようにしました。

このサーキットを選択したのは偶然ではありません。有名なニュルブルクリンクよりも長く、通常のドライバーが毎日のドライブで遭遇する状況をシミュレートしています。交通渋滞、加速、停止、その他毎日の通勤のあらゆる側面が存在します。すべての車両が一緒に移動するという事実により、エラーのリスクがなくなり、一部のドライバーの通勤時間が他のドライバーよりも軽くなります。

テストされたモデルは次のとおりです: BMW i5、BYD Seal、Fiat 600e、Hyundai Ioniq 6、Jeep Avenger、Kia EV9、Lexus RZ、Lucid Air、Tesla Model 3、Toyota bZ4X、VW ID.7。すべての車は 100% で充電され、残り 5% になるまで走行するため、達成される航続可能距離は約束よりも短くなることが予想されますが、完全に空になるまで EV を運転する人はいないため、実際には現実に近いはずです。目的は、車が公式のWLTP評価にどれだけ近づいているかを調べることでした。

ビデオでは周囲温度について言及されていませんが、車両の 1 台では 13°C という値が示されており、最適な天候にかなり近いと言えます。

Lucid Air GT が圧倒的な勝者となったのは、112 kWh の巨大なバッテリー パックのおかげです。しかし、WLTP 評価に最も近いという点では、BMW i5 が最も印象的なパフォーマンスを発揮しました。 VW ID.7 は規定の範囲から 36% 足りませんでしたが、BMW i5 eDrive40 では 16% の誤差しかありませんでした。

消費量の観点から見ると、テスラ モデル 3 は 15.1 kWh/100 km という効率性を示しています。ヒュンダイ Ioniq 6 は 100 km あたりわずか 15.5 kWh の消費量で僅差で 2 位に食い込みますが、残りの候補はもう少し多くのエネルギーを必要とします。テストでこれまでのところ最もパフォーマンスの悪かった2台の車両は、トヨタbZ4XとレクサスRZで、どちらの日本モデルも25kWh/100km以上を必要とし、WLTP定格の40%に達している。

結果を以下の表にまとめましたので、独自の比較を行うことができます。コメント欄にアクセスして、どの車が最も残念だったか、どの車があなたの期待を上回ったかを教えてください。

モデル範囲WLTP 評価消費バッテリーサイズ
ルシッド エア571km839km19.6kWh/100km112kWh
テスラ モデル 3498km629km15.1kWh/100km75kWh
BMW i5489km582km16.6kWh/100km81.2kWh
ヒュンダイ アイオニック 6476km614km18.1kWh/100km74kWh
BYD シール452km570km18.3kWh/100km82.5kWh
キア EV9448km563km18.5kWh/100km96kWh
フォルクスワーゲン ID.7400km621km19.3kWh/100km77kWh
フィアット 600e282km409km19.6kWh/100km51kWh
ジープ アベンジャー275km401km21.4kWh/100km51kWh
トヨタ bZ4X249km419km25.7kWh/100km64kWh
レクサス RZ243km406km26.3kWh/100km64kWh

2024-01-30 12:11