GM、窮地に陥った無人運転スタートアップのクルーズへの資金提供を削減へ 報道によると

1 min read

火曜日の報道で、同社の主な支援者であるゼネラル・モーターズ(GM)が同社への資金を削減しようとしていることが示唆された後、苦境に立たされている自動運転車新興企業クルーズにとっては、決して楽なことではない。

クルーズ社は最近、同社の自動運転車に関する一連の問題事件を受けて、米国の路上での全国的なテストを一時停止した。その中で最も深刻な事故は先月サンフランシスコで発生し、数秒前にひっくり返された女性の上でクルーズ車が停止した。人間が運転する乗り物によって。

この件について説明を受けた関係者を引用したフィナンシャル・タイムズ紙の報道によると、GMは水曜日にクルーズへの資金削減計画を明らかにする予定だという。

デトロイトに本拠を置く自動車大手は2016年にクルーズを買収し、それ以来このスタートアップに約80億ドルを投資してきた。 GMのクルーズへの現在の四半期投資額は約7億ドルと考えられており、これは同社が最近までカリフォルニア、テキサス、アリゾナ、フロリダで自動運転車を運行することを可能にする現金だった。

クルーズ社は、テスト中に、将来的にこのようなライドシェアサービスをより広範囲に展開することを目的として、自動運転車でのタクシー乗車の提供も開始した。その野心は残っているものの、資金の削減やテクノロジーの課題により、目標の達成にはさらに長い時間がかかる可能性があります。

今月初め、クルーズが共同創業者兼最高経営責任者(CEO)のカイル・フォークト氏と最高製品責任者兼共同創業者ダニエル・カン氏という2人の主要人材を失う数日前に、GMは声明の中で「自動運転車への大胆な取り組みを行ってきた」と述べた。私たちはテクノロジーが無数の命を救うなど、社会に深くプラスの影響を与えると信じているからです。」

同社はまた、「クルーズの使命と同社が開発している革新的な技術を強く信じている」と述べ、「商業化を目標としたクルーズへのコミットメントは今後も揺るぎない」と付け加えた。

クルーズ社は今月初め、「社会の信頼を再構築するための措置を講じる」と述べ、さらに次のように付け加えた。「その一環として、たとえそれが不快なことや難しいことをすることであっても、クルーズ社での仕事のやり方や社内を厳しく見つめることが含まれる。 」

クルーズ社の最近の困難は、自動運転車分野が直面する大きな課題を浮き彫りにしている。

フォードとフォルクスワーゲンは支援の継続を望まず、昨年、自動運転車専門会社アルゴAIを閉鎖したが、従業員2,000人の一部には両自動車メーカーのいずれかで自動運転技術の研究を続ける機会が与えられた。

最近の出来事により、米国の多くの州で自動運転車のテストを続けているアルファベット傘下のウェイモは好調に見える。火曜日、ウェイモは、今年これまでに乗客が同社の車両で完全に自動運転の旅行を70万回以上行ったと発表した。

2023-11-29 10:25