CATL、2024年に航続距離1,000kmを可能にする電動スケートボードシャーシを発売へ

1 min read

CATL (Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.) は、1,000 km の航続距離とわずか 5 分で 300 km の急速充電能力を誇る CIIC スケートボード プラットフォームを発表しました。この最先端の技術は、電気自動車の展望を再定義し、自動車業界に破壊的影響を与える可能性があると期待されています。

中国の大手バッテリー メーカーである CATL は、バッテリー、電気モーター、および必須コンポーネントを CATL Integrated Intelligent Chassis (CIIC) として知られる単一のプラットフォームに統合することに成功しました。このイノベーションは、EV内の乗員スペースを最大化しながら、生産コスト、車両重量、エネルギー消費を削減することを目的としています。

CATL、2024年に航続距離1,000kmを可能にする電動スケートボードシャーシを発売へ

Neta ブランドを所有する中国の EV メーカーである Hozon Auto と提携して、CATL は CIIC スケートボード シャーシの実装に向けて重要な一歩を踏み出しました。両者の協力はCIIC搭載モデルの共同開発に焦点を当てており、最初のモデルは2024年の第3四半期に発売される予定だ。

極寒の気候と高温の気候の両方で実施さ​​れた最近のテストにより、CIIC プラットフォームの堅牢性が実証されました。どうやら、1,000kmという驚異的な航続距離を達成したようで、マイナス7℃という厳しい冬の条件下で航続距離が30%減少した後でも、依然として優れた自律性が保たれていることがわかります。シャーシのエネルギー消費量は 100 km あたり 10.5 kWh と測定されており、その効率性が際立っています。また、わずか 5 分で 300 km を充電できる急速充電機能により、長距離走行の資格がさらに高まります。

CATL、2024年に航続距離1,000kmを可能にする電動スケートボードシャーシを発売へ

CATL の CIIC プラットフォームには、高電圧および低電圧システム、ステアリングおよびブレーキ システム、シャーシ ドメイン コントローラが組み込まれています。 Cell-to-Chassis (CTC) テクノロジーの使用により、その機能がさらに強化されます。 CIICを搭載した最初のEVの量産は来年第3四半期に開始される予定で、EV技術の進化における重要なマイルストーンとなる。

しかし、CATL の最終目標は何なのかという大きな疑問が残ります。自動車メーカーが自社のロゴを追加するだけで、自社のEVの生産に乗り出すのだろうか?現時点ではこのシナリオの可能性は低いように思えますが、CATL がより多くの企業を CIIC プロジェクトに参加させることができるかどうかを推測するのは興味深いことです。大幅なコスト削減と開発サイクルの加速という見通しは、現在自社のシャシーとプラットフォームの研究開発に多額の投資を余儀なくされているレガシー自動車メーカーにとって魅力的かもしれない。

2023-12-01 16:04