BYD、2023年にフォルクスワーゲンを抜いて中国で最も販売台数の多い自動車メーカーとなる

1 min read

中国の自動車大手、BYDがフォルク​​スワーゲン・グループの座を退け、2023年に中国で君臨する自動車ブランドとして台頭する。自動車業界におけるこの目覚ましい変化は、BYDが電気自動車への賭けに成功し、急速に変化する市場から得ている多額の利益の結果である。風景。

BYD、2023年にフォルクスワーゲンを抜いて中国で最も販売台数の多い自動車メーカーとなる

「Build Your Dreams」の略称であるBYDは、昨年中国で240万台の車両を出荷した。この驚異的な偉業により、同社の市場シェアは 11% に急増し、3.2 パーセント ポイントの大幅な増加を記録しました。

BYD の台頭は、単なるランキングの変化以上の意味を持っています。これは、世界中で急速に人気が高まっている、手頃な価格の最先端のEVの製造において中国の自動車メーカーが確立した大きなリードを体現しています。今では、ステランティスやフォルクスワーゲンなどの由緒ある自動車メーカーさえも、EV開発の支援を中国の自動車会社に求めている。

BYD、2023年にフォルクスワーゲンを抜いて中国で最も販売台数の多い自動車メーカーとなる

BYDは今年初めにすでに四半期ベースで中国で最も売れている自動車ブランドとしてVWを上回っていたが、最新のデータでは通年でもなんとか首位を維持できたことが示されている。 CATRCの情報によると、VWは少なくとも2008年から中国で最も売れているブランドという誰もが望む称号を保持していた。

一方、ラインナップの電動化が特に遅れているトヨタとホンダは、市場シェアと販売台数の減少を目の当たりにした。

BYD、2023年にフォルクスワーゲンを抜いて中国で最も販売台数の多い自動車メーカーとなる

BYD の世界展開を詳しく見てみると、その世界販売台数は 300 万台を超えて急増し、世界の自動車販売ランキングで名誉あるトップ 10 に入ろうとしているところです。第4四半期のBYDのEVのみの売上高は、世界最大の純電気自動車メーカーとしてテスラを上回るのに十分な数字だった。同社は少し前に販売台数でテスラを追い越したが、売上の一部はエレブだ。

2024-01-24 06:04