BYD、目標を調整:2024年にEV成長率20%、海外売上高を2倍に

BYD、目標を調整:2024年にEV成長率20%、海外売上高を2倍に

投資家集会で、BYDは今年と2025年の目標を明らかにした。当初、同社は今年、プラグインハイブリッド車や電気自動車を含む新エネルギー車(NEV)を約400万台販売する予定だった。しかし、1月と2月の販売が期待外れだったため、目標を360万台に下方修正し、2023年の数字と比較して20%の大幅な増加となった。

BYD の成長のかなりの部分は国際市場によるものです。 2023 年、BYD はこれらの市場で総販売台数の約 8% である 242,765 台を販売しました。同社は今年50万台、2025年には100万台の販売を目指している。BYDは輸出市場シェアを現在の水準から拡大するため、全世界で約360万台を販売できれば、今年は14%のシェアを目指すとしている。

自動車メーカーは、デュアルモードプラグインハイブリッド技術の第5世代を5月に発売すると発表した。

BYD、目標を調整:2024年にEV成長率20%、海外売上高を2倍に

中国の CLTC テストサイクルによると、この新技術はバッテリーが消耗した場合でも 100 キロメートルごとにわずか 2.9 リットルしか消費しないと予想されています。満タンのタンクと完全に充電されたバッテリーで、最大約 1,240 マイル走行できます。

生産能力の拡大に伴い、この高度な技術は徐々に当社のPHEVシリーズ全体に組み込まれる予定ですが、現在同社は消費者の高い需要に対応することが困難であると認識しています。

2024-03-30 10:28