Audi RS Q e-tronが2024年ダカールラリーで優勝し歴史を作る

1 min read

驚くべき展開で、アウディは 2024 年のダカールラリーで RS Q e-tron で勝利を収め、この過酷な耐久レースを制覇した初の電気自動車としての歴史を作りました。ドライバーのカルロス・サインツとナビゲーターのルーカス・クルーズのスペイン人コンビがこの低排出ガスプロトタイプを操縦し、念願の勝利を収めた。

Audi RS Q e-tronが2024年ダカールラリーで優勝し歴史を作る

アウディは以前、ダカールラリーを制覇しようとして失望に直面していたため、この勝利は簡単な偉業ではなかった。 2022年、チームは大規模な被害に見舞われ、勝利の望みは打ち砕かれた。しかしアウディはひるむことなく、2022年のイベントから学んだ教訓を取り入れてマシンの改良に懸命に取り組んだ。ステージ優勝などいくつかのハイライトもあったものの、翌年のレースではタイヤのロス、サスペンションの損傷、クラッシュ、横転などの予期せぬ問題に遭遇した。アウディは成功を決意して RA Q e-tron の改良を続け、2024 年にその粘り強さがついに実を結びました。

Audi RS Q e-tron の特徴は、EREV パワートレインです。アウディ DTM レースカーから借用した 2.0 リッターのターボチャージャー付き 4 気筒エンジンを組み合わせ、各車輪を駆動する電気モーターに電力を供給するバッテリー パックの発電機として機能します。このセットアップにより、システムの総出力は最大 670 馬力になります。同様のパワートレインは、中国の自動車メーカーの間で非常に人気があります – たとえば、Yangwang U8。

Audi RS Q e-tronが2024年ダカールラリーで優勝し歴史を作る

ダカールラリーでの勝利は、アウディの革新的な電動駆動技術がモータースポーツにおける最も困難な課題を克服できることを証明しました。アウディ取締役会のメンバーで技術開発責任者のオリバー・ホフマン氏は、「革新的な電動ドライブにより、我々はわずか3年でモータースポーツにおける最大の課題の1つを克服することができた。こうして我々は常に先駆者としての成果を長く続けている」とコメントした。 40年間のモータースポーツにおけるアウディの特徴を明らかにしました。」

ダカールラリーの勝利は、少なくともすぐには日常の自動車に搭載されている技術に応用されるわけではありません。しかし、電動パワートレインが最も厳しい競争に対抗できることが証明されたため、この勝利は自動車業界全体にとって非常に重要です。しかし、勝つためには内燃機関からの少しの助けが必要です。結局のところ、EREV は長距離移動の解決策なのかもしれません。

Audi RS Q e-tronが2024年ダカールラリーで優勝し歴史を作る

2024年がアウディのダカールプログラムの最終年となることから、この歴史的な勝利はすぐに実現した。彼らの焦点は 2026 年に注目度の高い F1 の世界に移り、オフロード レースの世界に永続的な遺産を残すことになります。

2024-01-20 17:14