7月から欧州ですべての新車にブラックボックスが義務化される

1 min read

欧州連合は、2024 年 7 月から新しい要件を導入する予定です。EU 内で新しく登録されるすべての М1 乗用車には、イベント データ レコーダー (EDR) の装備が義務付けられます。

EDR は飛行機の「ブラック ボックス」と呼ばれることが多く、重要な車両データが保存されます。不幸な事故が発生した場合、専門家はこのデータを使用して、事故の原因と進行状況に関する貴重な洞察を得ることができます。

7月から欧州ですべての新車にブラックボックスが義務化される

この要件の背後にある原動力は国連規則第 160 号であり、実際には 2022 年 7 月 6 日から施行され、すべての新車開発に EDR を含めることを義務付けています。ただし、2024 年 7 月 7 日以降、この要件は新規開発車両だけでなく、新規登録されるすべての乗用車および小型商用車にも適用されます。

EDR はエアバッグ制御モジュールに組み込まれており、多数の車両データを継続的に記録します。このデータは、特定のセンサーが事故や事故につながる可能性のある異常な運転状況を検出した場合にのみ永続的に保存されます。記録されたデータは、トリガー イベントの前後 300 ミリ秒以内に保存されます。

7月から欧州ですべての新車にブラックボックスが義務化される

記録されたデータは、衝突前、衝突後の車両運動情報、拘束システム情報の 3 つのカテゴリに分類されます。このデータにアクセスするには、OBD インターフェイスを介して EDR に接続された特殊な機器が必要です。ただし、EU 内に保存されているデータを管理する一般データ保護規則 (GDPR) により、EDR へのアクセスには厳しい制限があり、通常は裁判所命令が必要です。

2024-01-30 00:29