2024 VW ID.4 は米国で 7,500 ドルの全額税額控除の対象となります

1 min read

米国にお住まいで、フォルクスワーゲンの ID.4 SUV を手に入れたいと思っていたものの、インセンティブがなかったため購入を諦めていた方に朗報です。同社は、ID.4が2023年に製造されたユニットも含め、7,500ドルの連邦EV税額控除の対象となることを確認した。

2023年のID.4は以前は全額の対象となっていたが、今年初めからリストには含まれていなかった。問題は、SK Onから供給され米国で製造されたバッテリーに使用されている材料に関するものだった。現時点では、更新された対象車両リストには ID.4 が含まれており、同社は 2024 年の残り期間はこのままであると確信しています。

2024 VW ID.4 は米国で 7,500 ドルの全額税額控除の対象となります

VW ID.4 は米国で非常に人気があり、インセンティブが適用される前の開始価格は 38,995 ドルで、非常に手頃な価格でもあります。同社は昨年だけで3万8000台を販売し、自動車がEV事業の中核となった。税額控除を適用すると、VW ID.4 の価格は 32,790 ドルから始まり、オプションの 20 インチ ホイールを装着した AWD Pro S バージョンの場合は 46,590 ドルまでになります。

更新された 2024 ID.4 は、より効率的なドライブトレインと航続距離とパフォーマンスの向上を約束して、米国デビューに向けて準備されています。同社はまだ価格を発表していないが、急成長する米国のEV市場において、VWが価格を大幅に引き上げる危険を冒す可能性は非常に低い。

2024-01-27 18:18