2024 年フォルクスワーゲン ID.4 の EPA 範囲評価が向上

1 min read

今年初め、フォルクスワーゲンは2024年型フォルクスワーゲンID.4の計画を発表し、さらなるパワーと、そして最も重要なことに航続距離の延長を約束する82キロワット時のバッテリーパックを搭載した。この次期モデルの際立った特徴は、定格 210 キロワットの新しい後部ドライブ ユニットの導入であり、以前の 150 キロワット ユニットに比べて大幅な改善です。そして最良の点は、射程ペナルティも伴わないことです。

2024 年フォルクスワーゲン ID.4 の EPA 範囲評価が向上

環境保護庁 (EPA) による最近の評価は、愛好家をハラハラさせてきた重要な数値を明らかにしました。 ID.4 Pro、ID.4 AWD Pro、および ID.4 AWD Pro S トリムは一度テストされたものであり、公式の数値があります。 ID.4 GTX の広範なテストが完了したところです。ここで実際のパフォーマンスと効率についてすべて知ることができます。

後輪駆動 ID.4 Pro の EPA 総合航続距離は、なんと 468 km に達します。これは前モデルと比較して5.8%の増加に相当します。追加の動力要件を備えた全輪駆動モデルでも改善が見られ、定格は 423 km (3.1% 増加) に達しました。これらの結果は、より高容量のバッテリーに頼ることなく電気自動車 (EV) の効率を高め、航続距離を延長できる可能性を強調しています。

2024 年フォルクスワーゲン ID.4 の EPA 範囲評価が向上

フォルクスワーゲン ID.4 はテネシー州チャタヌーガで現地生産され、地元で調達されたリチウムイオン電池を使用しているため、このモデルは引き続き 7,000 ユーロの連邦税額控除の対象となり、購入希望者にとっては大きなインセンティブとなります。幸いなことに、この有利な状況は 2024 年まで続くと予想されます。

2024 年フォルクスワーゲン ID.4 の EPA 範囲評価が向上

2023-11-29 04:14