2024年ホンダプロローグの価格を発表、納車は3月に開始

1 min read

2024年型ホンダ・プロローグの価格がついに発表された。この EV は、ベースモデルが手頃な価格の 48,795 ドル (目的地料金を含む) から始まり、最大 476 km のまともな航続距離を提供すると主張しています。ただし、この話には見た目以上の意味があります。

ホンダのプロローグはシボレー ブレイザー EV とプラットフォームを共有しており、プロローグは机上では魅力的な提案のように思えるかもしれないが、その兄弟である GM が 1 回の充電で最大 521 km というさらに長い EPA 定格航続距離を誇ることは注目に値する。では、ホンダが主張するように、プロローグの航続距離は本当にクラス最高なのでしょうか?よくわかりません。

2024年ホンダプロローグの価格を発表、納車は3月に開始

2024年型ホンダプロローグには、前輪駆動のEXと少し高価なツーリングトリムの2つの主要な構成があり、小売価格はそれぞれ4万8795ドルと5万3095ドルだ。どちらのモデルにも、212 馬力の電気モーターが 1 個搭載されています。全輪駆動を求める人にはオプションも用意されていますが、それには費用がかかります。全輪駆動にアップグレードすると、価格は EX で 51,795 ドル、ツーリング モデルで 56,095 ドルに増加しますが、航続距離は 452 km 減少します。 59,295 ドルで販売される最高級のエリート トリムには全輪駆動が含まれており、439 km の航続距離が約束されています。

プロローグはシボレー ブレイザー EV を(大幅な差で)下回っていますが、そのトレードオフは航続距離の部分にあるようです。ブレイザー EV RWD RS は、価格が 61,790 ドルと高価であるにもかかわらず、最大 521 km の航続距離を誇ります。つまり、これは「支払ったものは得られる」という典型的なケースです。

2024年ホンダプロローグの価格を発表、納車は3月に開始

これらの留保にもかかわらず、2024 ホンダ プロローグには十分な装備が備わっています。全モデルの標準機能には、10 段階でパワー調整可能な運転席、ヒーター付きフロントシート、デュアルゾーン自動空調制御、19 インチホイール、ワイヤレススマートフォン充電パッド、Apple CarPlay、Android を備えた Google ベースのインフォテインメント システムが含まれます。自動および SiriusXM 衛星ラジオ。それは堅実なパッケージですが、それがプロローグの航続距離の不足を覆い隠すのに十分であるかどうかはまだわかりません。

Honda では、お客様の多様なニーズに応えるために、さまざまな充電特典も提供しています。オプションは、EVGo 公共充電器および Electrify America からの 60.0 kWh 充電用の 100 ドルのクレジットを組み合わせた 500 ドルの家庭用充電器設置クレジットから、EVGo クレジットを 300 ドルに増額する 250 ドルの低額の家庭用充電器設置クレジットまで多岐にわたります。家庭用充電器を設置する予定がない人には、EVGo からの 750 ドルのクレジットと Electrify America からの 60.0 kWh の選択肢があります。これは、潜在的な EV 所有者の実際的な懸念に対処する思慮深い配慮です。

2024年ホンダプロローグの価格を発表、納車は3月に開始

2024年型ホンダプロローグは、早ければ2024年3月にショールームに到着する予定で、試乗は2月から利用可能となる。

2024-01-26 03:59