裁判官がオートパイロットの欠陥認識の「合理的な証拠」を発見、テスラは潜在的な懲罰的損害賠償に直面する

1 min read

テスラにとって重要な法的展開の中で、フロリダ州の判事は、電気自動車大手テスラがオートパイロットの欠陥をめぐる訴訟で懲罰的損害賠償に直面する可能性があるとの判決を下した。判事は、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)やその他の幹部を含むテスラが自社車両を完全自動運転車として宣伝する際にオートパイロットの欠陥を認識していたことを示す「合理的な証拠」を認定した。この暴露は、同社と自動運転技術に対する同社のスタンスに広範囲に影響を与える可能性がある。

この事件は、初期のテスラ モデル 3 の所有者であるスティーブン バナーの悲劇的な死を中心にしています。彼の車は道路に転入してきた 18 輪トラックと衝突し、その結果テスラの屋根が切り落とされ、運転手が死亡しました。死亡事故。

裁判官がオートパイロットの欠陥認識の「合理的な証拠」を発見、テスラは潜在的な懲罰的損害賠償に直面する

リード・スコット判事は、バナーさんの事故と、オートパイロットが横切るトラックを検知できなかった2016年の事件との間にある不穏な類似点に注目を集めた。このことは、テスラの自動運転システムの安全性と、テスラが潜在的に危険な状況下での車両の運転を意図的に許可していたのではないかという懸念を引き起こしている。

判事の判決はまた、テスラの車両が完全自動運転機能を備えていることを示唆するテスラのマーケティング戦略も指摘した。特にマスク氏の公の場での発言は、テスラ製品に対する国民の認識を形成する上で極めて重要な役割を果たした。そのような例の 1 つとして挙げられたのは、人間の介入なしで走行するテスラ車を紹介する 2016 年のビデオです。しかし、ビデオの免責条項では、ハンドルを握っている人は法的理由だけで現場にいたと明確に述べられ、車の自動運転が強調されていた。

スコット判事は、「このビデオには、このビデオが野心的なものであること、あるいはこの技術が現在市場に存在しないことを示すものは何もない」と指摘した。同氏は、マーケティングキャンペーンにもかかわらず、テスラはCEOやエンジニアを通じて、クロストラフィックの検出におけるオートパイロットの欠点をよく認識していたと結論付けるのが合理的だと付け加えた。

裁判官がオートパイロットの欠陥認識の「合理的な証拠」を発見、テスラは潜在的な懲罰的損害賠償に直面する

この法整備は、オートパイロットなどの先進運転支援システムの有無に関わらず、自動車運転時のドライバーの責任を強調し、概ねテスラに有利な最近のカリフォルニア州判決を受けて行われたものである。しかし、法律専門家のブライアント・ウォーカー・スミス氏は、スコット判事の調査結果で浮き彫りになったように、テスラの内部知識と公表声明との間に「憂慮すべき矛盾」があるとの懸念を表明した。

スミス氏は、「この意見は、裁判官がテスラとそのCEOにとって非常に厄介な可能性のある多くの証言やその他の証拠を認める傾向にあると思われる公開裁判への扉を開くものだ」と述べた。同氏は、このような裁判の結果には自動車メーカーに対する懲罰的損害賠償が含まれる可能性があると付け加えた。

この事件の裁判は当初10月に予定されていたが延期され、まだ延期されていない。この法廷闘争の結果は、特にマーケティング慣行、世間の認識、潜在的な財務責任の点で、テスラの将来に重大な影響を与える可能性がある。

2023-11-25 22:58