米国、中国製EVへの関税​​引き上げを検討

1 min read

ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによると、バイデン政権は中国製EVに対する関税引き上げを検討している。この動きは、約2800億ユーロ相当の中国製品に対するトランプ政権時代の関税の見直しに関する広範な議論の一環である。

中国招商銀行国際機関の予測によると、自動車輸出大国である中国では輸出が25%増加し、驚異的な530万台に達したという。この成長は、世界最大の自動車市場における過剰生産能力と国内需要の減速に起因すると考えられている。

米国、中国製EVへの関税​​引き上げを検討

米国の超党派議員グループは最近、政権に対し中国製自動車への関税を引き上げるよう要請した。同時に、中国企業がメキシコを経由して米国に輸出することを阻止するための調査を求めたが、これは眉をひそめ、多くの疑問を引き起こす戦略的措置である。

現在、中国の自動車には25%の課税が課せられているが、これはトランプ政権の遺物であり、バイデン大統領のもとでも続いている。米国政府内で進行中の議論は、およそ2,800億ユーロ相当の中国製品を対象としたこれらの関税の包括的な見直しを来年初めにまとめることを目指している。

電気自動車の先駆者であるテスラやその他の外国自動車メーカーも中国を重要な輸出拠点としている。この世界的な相互依存が問題を複雑にし、関税の調整が国際的な自動車情勢に波及することになる。

米国、中国製EVへの関税​​引き上げを検討

米議員らは、米国の自動車メーカーが中国製車を米国に輸出している例を挙げ、現在の輸入関税は不十分だと主張しており、調整が遅れていることは明らかだ。

中国は、こうした動向を注意深く監視しており、自国の正当な利益を守るために必要な措置を講じることを約束している。関税引き上げの可能性は単に経済計算だけではなく、経済大国である両国が世界貿易の複雑な網の目をくぐっているため、地政学的影響も伴う。

バイデン政権はまた、非戦略的とみなされる一部の中国消費者製品に対する関税を引き下げることも検討している。目標は、経済的利益とより広範な外交的考慮の間のバランスを取ることです。

2023-12-21 16:31