窮地に陥るロボタクシー新興企業クルーズ、従業員の4分の1を解雇

1 min read

窮地に陥った自動運転車スタートアップのクルーズは、従業員の約4分の1に相当する900人を解雇した。このニュースは、幹部9人も解任された翌日に伝えられた。

ゼネラルモーターズが支援する同社は、ここ数カ月で一連の挫折に見舞われている。そのきっかけは、10月にサンフランシスコの路上で同社の自動運転車の1台が女性の上で止まり、女性を車に固定するという事故だった。彼女は人間が運転する車に衝突された直後に地面に倒れた。

この事件により女性は重傷を負い、カリフォルニア州の規制当局はクルーズ社の同州内での自動運転車のテスト許可を取り消すことになった。数日後、このスタートアップは他の州でのテストを一時停止すると発表し、その直後、クルーズの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)のカイル・フォークト氏と共同創設者兼最高製品責任者のダニエル・カン氏がその職を辞した。

先月末、GMがクルーズへの資金提供を削減すると発表したことでさらなる後退が生じ、この決定が今週の人員削減に直接つながったようだ。

木曜日にモー・エルシェナウィ氏がクルーズ社員に送った広く報道された電子メールの中で、新しく就任した社長兼最高技術責任者(CTO)は、「この日が来ることは分かっていたが、それでも困難が軽減されるわけではない。特に仕事に影響を受けている人たちにとっては」と述べた。

エルシェナウィ氏はさらに次のように続けた。「本日、私たちは人員削減を行っており、彼らに過失はないのですが、常勤巡洋艦の 24% に影響を与えることになります。私たちは、まず 1 つの都市で優れたサービスを提供できるよう、取り組みを簡素化して集中し、規模を拡大する前の最初のステップとして [シボレー] ボルト プラットフォームに焦点を当てています。その結果、当社は業務やその他の分野で従業員数を削減しています。これらの影響は主にエンジニアリングの外にありますが、一部の技術職も影響を受けています。」

電子メールによると、クルーズを退職する人たちは2月12日まで給与計算に残り、追加で8週間分の給与も受け取ることができるという。

クルーズにとって困難な時期にもかかわらず、GMのメアリー・バラス最高経営責任者(CEO)は、自動運転車をテストのために道路に戻すことに熱心であるようで、先月、今の優先事項は「チームを安全性、透明性、説明責任に集中させる」ことであると述べ、さらに次のように付け加えた。私たちは、地方、州、連邦レベルの規制当局だけでなく、初動対応者やクルーズが活動する地域社会との信頼を再構築する必要があります。これは将来に向けて重要な技術です。社会と安全の観点から、それは正しく行われなければなりません。」

数年間にわたる自動運転車のテストを経て、クルーズ社は昨年、サンフランシスコで有料乗客の受け入れを開始する許可を与えられた。しかし、多くの事件により自動運転技術が公道で使用できる状態になっていないのではないかとの懸念が生じ、10月の事故により規制当局が対応を始めた。

より合理化されたクルーズは今後状況を好転させようとしているが、来年は同社にとって勝負の年となるのは確実だ。

2023-12-15 07:25