次期ジープ ワゴニア S は 3.5 秒で時速 97 km に達します

1 min read

ジープは、以前にも見た、次期ワゴニア S EV を再びからかいます。実際には、はるか昔の 2022 年 10 月に遡ります。当時、同社は「S」は「スピード」を表すと述べていましたが、今日、その点を証明するために戻ってきました。

ワゴニア S は純粋な全電気 EV としてのみ提供され、「空力効率によって駆動される」ため、0 ~ 97 km/h を約 3.5 秒で走行するとジープは述べています。その偉業を達成するには600馬力を開発する予定です。

ジープによると、ワゴニアSは今年秋に米国で販売され、その後「世界中の主要市場」で販売される予定だという。したがって、それはこれまで以上に近づいています。 「標準的な 4xe 機能」(「e」はエレクトリックを表すと思われます)、全地形対応管理、「ジープ ブランドに重点を置いた高度なテクノロジー」(それが何を意味するにせよ)、そして洗練された外観デザインを備えています。そういえば、ジープが今日公開したフロントのティーザー画像は次のとおりです。

次期ジープ ワゴニア S は 3.5 秒で時速 97 km に達します

確かにジープに似ていますが、グリルはすぐにそれとわかりますが、近代化され LED 化されているようにも見えます。ワゴニア S は、ブランドの強力なアイデンティティを失うことなく、そのラインナップを電動化し、「4xe を新しい 4×4 に」変えるというジープの探求の一環となります。それは間違いなくデュアルモーターセットアップです。

今後数週間から数か月の間にさらに多くのティーザーが公開されることが予想されますので、楽しみにしていてください。

2024-01-18 23:45