日産ジュークとキャシュカイが電気自動車化へ

1 min read

日産は、最も売れているクロスオーバー車「ジューク」と「キャシュカイ」の2車種を電動化する予定だ。日本の自動車メーカーは、これらの電動車両を英国、特にサンダーランド工場で製造する計画だ。これは、内燃機関の時代を捨て、2030年までに完全にEVに移行するという日産の野心的な計画の一環として行われた。

Sky Newsが報じたように、電気ジュークとキャシュカイに関する日産の発表が迫っており、正式発表も間もなく行われる予定だ。日産は最も人気のある 2 つのモデルで電動クロスオーバー市場に本格的に取り組んでおり、この開発は日産にとって注目すべき転換点となる。

日産ジュークとキャシュカイが電気自動車化へ

業界関係者によると、日産はこのプロジェクトに「数億ポンド」から潜在的には10億ポンドを超える巨額を投資する用意があるという。英国政府がこの取り組みに多大な支援を提供すると推測されている。リシ・スナック首相とジェレミー・ハント財務大臣は、日産の戦略的動きに影響を与える上で極めて重要な役割を果たしたと考えられている。

サンダーランド工場はすでに電気自動車の日産リーフを製造しており、この電動化の取り組みの中核となっている。電気自動車の生産に加えて、日産は同じ敷地内にEV360バッテリー工場も建設している。この電池施設が稼働すると、年間最大35GWhの電池を生産する能力があり、持続可能な輸送ソリューションに対する日産の取り組みをさらに強化することになる。

日産ジュークとキャシュカイが電気自動車化へ

日産はジュークとキャシュカイの電動化を決定し、その目覚ましい販売実績を受けて決定した。特にキャシュカイは昨年、英国で最も売れている車の座を確保したが、これは24年ぶりにチャートのトップに輝いた英国製モデルということを考えると、目覚ましい快挙だ。前年だけで英国で4万2700台以上が納車されたキャシュカイの人気は、電動クロスオーバーに対する需要の高まりを裏付けている。

この電化への取り組みは、クリーン エネルギーに重点を置いた製造業への多額の投資に関する英国政府の計画と一致しています。英国のトップ財務当局者ジェレミー・ハント氏は、特に自動車分野のクリーン・ゼロエミッション技術への投資に、今後5年間で51億8000万ユーロを割り当てる計画を明らかにした。

日産ジュークとキャシュカイが電気自動車化へ

一方、もう一つの日本の自動車メーカーであるトヨタは、スポーツカー、ピックアップトラック、新型ランドクルーザーなど、いくつかの電気自動車のコンセプトを予告している。トヨタも日産に加わり、ベストセラーモデルの一部も電動化するのだろうか?

電気軽自動車の日産サクラが日本で大成功を収めていることは注目に値します。熾烈な競争にもかかわらず、政府の奨励金を受けて約200万(1万2400ユーロ)という手頃な価格のおかげもあり、昨年の発売以来、売上高でテスラを上回る成績を収めた。 EVをより身近なものにするという日産の取り組みは、2026年に発売予定の次期「X-in-1」パワートレインによってさらに強調され、生産コストの大幅な削減が期待されている。

2023-11-23 22:14