日産アリアが極点から極点までの航海を完了

1 min read

1 週間としてはなかなかのスタートを切っています。まず、Nio の ET7 は、初の半固体電池のおかげで驚くべき航続距離を達成しました。そして今、電動アドベンチャーのダイナミックなデュオであるクリスとジュリー・ラムジーは、全電気自動車の日産アリヤを使って北極から南極点までの 30,000 km の壮大な旅を成功させました。これは大胆な偉業であり、EV はもちろんのこと、あらゆる車両において史上初のポールツーポールドライブを記録します。

日産アリアが極点から極点までの航海を完了

1823 年の磁北極点の北極海から 10 か月にわたる旅に出発したラムジー夫妻は、北アメリカ、中南米、南アメリカの多様な地形を征服し、最も遠い大陸である南極大陸を横断して到達するという究極の挑戦に乗り出しました。南極。

e-4ORCE 全輪制御を搭載した日産アリアのハンドルを握る二人は、困難なオフロード地形、極端な気温、高地に直面しました。注目すべき点は、この車両はパワートレインやバッテリーに一切の変更を加えておらず、工場出荷時の標準を維持していることです。唯一の調整は極地モビリティの専門家であるアークティック・トラックスによって行われ、このEVに39インチのBFグッドリッチ・タイヤを装着して、過酷な遠征にも対応できるようにした。

日産アリアが極点から極点までの航海を完了

日産リーフによるモンゴルラリーでの成功を受けて、2017年にポール・トゥ・ポール遠征を構想したラムジー夫妻は、EVの優れた性能を披露するだけでなく、世界中の充電インフラに永続的な影響を残すことを目指していた。志を同じくするパートナーとのコラボレーションとイノベーションへの取り組みが、この野心的な計画を現実に変えました。

クリス・ラムジー氏は、南極点到達の驚きを表明し、「何年も計画を立ててきたのに、現実感がありません。私は常に電気自動車の驚くべき機能に全幅の信頼を寄せており、私たちの日産アリアがそうなることは分かっていました」と語った。 「すべてに直面して立ち向かう。しかし、それは私が予想していたよりもはるかに困難でした。」ジュリーは「これまで出会った人たち、できた友達、そして受けたサポートとともに、これは素晴らしい旅だった」と付け加えた。

日産アリアが極点から極点までの航海を完了

日産グローバルマーケティング・ブランド・マーチャンダイジング担当コーポレートバイスプレジデントのアリソン・ウィザースプーン氏は、ラムゼイ夫妻を称賛し、「これはたどるべき並外れた旅であり、私たち日産にとっての誇りでもある。日産の革新的な技術がどのように継続するかを示した」と語った。オフィスへの旅行でも、南極への旅行でも、ワクワクをお届けします!」

2023-12-18 15:20