新型テスラ モデル 3、実走行距離テストで驚くべき結果を獲得

1 min read

コードネーム「Highland」と名付けられた、新しくリフレッシュされた Tesla Model 3 が、北米の顧客に納入され始めています。そして幸運なことに、それらの顧客のうちの 1 人が、満タンから空の状態まで時速 110 マイルまたは約 110 マイルで走行する航続距離テストを受けることにしました。

新しいモデル 3 がどのような成績を収めたかを知るには、以下の完全なビデオをご覧ください (航続距離テストは 7:34 から始まります)。ネタバレに注意してください。非常にうまくいきました。この特定のモデルの場合、EPA の推定航続距離は 341 マイルです。実際のテストでは、外気温が 55°F ~ 60°F の範囲で時速 110 マイルで走行し、新しいモデル 3 はバッテリー残量 0% まで 327 マイル走行しました。

これは EPA の推定値に信じられないほど近く、WLTP、特に CLTC と比較して EPA 範囲の数値が最も正確であることが改めて確認されました。さらに、テスラは0%「未満」でもバッファーを備えていることが知られているため、実際に車が停止するまでテストが続けられた場合、実際には341マイルまで到達した可能性があります。

精度について言えば、テスト開始時にテスラのコンピューターは 332 マイルを推定していたため、誤差はほんのわずかでした。それも賞賛に値することだ。

さて、充電に関して言えば、新しいモデル 3 は、バッテリーがほぼ空の状態から V3 スーパーチャージャーに 15 分間接続した後、なんとか 160 マイルの航続距離を伸ばすことができました。テスラは、15 分で「最大」 175 マイル走行できると宣伝していますが、これにはバッテリーの事前調整が必要になる可能性がありますが、この場合は実行されていません。

2024-02-01 02:48