新しい 2024 シトロエン e-ベルリンゴが正式に発表され、航続距離は 20% 増加し、インテリアは再設計されました

1 min read

本日、シトロエンはフェイスリフトされた2024年型e-Berlingoを発表しました。これはヨーロッパでは電動バージョンのみで提供されます。 10インチのタッチスクリーンとワイヤレスApple CarPlayおよびAndroid Autoのサポートを備えた新しいダッシュボード、新しい10インチのカラーデジタル計器クラスタ、新しいステアリングホイール、および内部の新しい色と素材が採用されています。

新しい 2024 シトロエン e-ベルリンゴが正式に発表され、航続距離は 20% 増加し、インテリアは再設計されました

この車のモーターは 100 kW (136 bhp) を発生し、新しい 50 kWh (使用可能容量) LFP バッテリーのおかげで、WLTP 複合サイクルでの航続距離は 20% 増加して 199 マイルになりました。7.4 kW ウォールボックスでの充電には 7.5 時間かかります。 、またはオプションの 11 kW 三相充電器を使用した場合は 5 時間。充電に関して言えば、新しい e-Berlingo は 100kW DC 急速充電をサポートしており、このような充電器を使用すると 30 分で 0% から 80% になります。

新しい 2024 シトロエン e-ベルリンゴが正式に発表され、航続距離は 20% 増加し、インテリアは再設計されました

e-Berlingoは7人乗りとしても提供される予定で、長さ173.2インチのMバージョンとは対照的に、長さ187インチのXLバージョンとなる。

助手席を倒すと完全にフラットなフロアとなり、荷物の長さは M バージョンで 106.3 インチ、XL バージョンで 120.1 インチになります。積載スペースは、すべてのシートを使用した M バージョンで最小 27.4 フィート 3 ですが、XL バージョンのすべてのシートを折りたたむとなんと 141 フィート 3 になります。

新しい 2024 シトロエン e-ベルリンゴが正式に発表され、航続距離は 20% 増加し、インテリアは再設計されました

e-ベルリンゴには初めて、そしてそのセグメントのみにシトロエン アドバンスト コンフォート シートが搭載されています。 「高品質フォーム」を配合し、高い快適性を実現しました。リアウィンドウはテールゲートとは独立して開き、小物の積み降ろしを素早く行うことができます。

新しい 2024 シトロエン e-ベルリンゴが正式に発表され、航続距離は 20% 増加し、インテリアは再設計されました

車のフロントデザインは完全に再設計され、シトロエンの新しいロゴがあしらわれました。欧州では2024年春に発売され、ボディカラーはキアマブルー、シルカグリーン、カオリンホワイト、ペルラネラブラック、スチールグレーの5色となる。

2023-12-12 21:36