大手自動車メーカーがバッテリー交換を検討中

1 min read

中国のNioはこれまで、雷充電の代替策としてバッテリー交換という戦略を一方的に進めてきた。しかし、このままではいけないかもしれません。複数の自動車メーカーがこのソリューションに関心を示しており、このソリューションはすでに 10 年以上前に Better Place によって導入されていました。

12月初め、巨人の吉利汽車はバッテリー交換に関してNioと戦略的提携を結んだと発表した。吉利汽車はボルボ、ポールスター、ジーカーなどのブランドを所有しており、したがって単なる小企業ではない。

両社はバッテリー交換の規格や技術、バッテリー交換可能な車種の開発などで協力する。変更が行われるステーションの共同開発と運営も必要です。

今後、フィアット、シトロエン、オペル、プジョーなどのブランドを擁する巨大グループ「ステランティス」もバッテリー交換のテストを行う予定だ。これは、そのための技術を開発する米国のアンプルと協力して行う必要があります。アンプルは以前、デンマークのフィスカーとのコラボレーションを開始しており、来年にはバッテリーを交換できるバージョンのフィスカー オーシャンを発売すると約束している。

アンプルのモジュールステーションでは、電気自動車のバッテリーを5分で交換できるようになる。最初のトライアルは来年、フィアット 500e をテストカーとしてマドリッドで開始される予定です。スペインの首都にはアンプルからの駅がすでに 4 つあり、米国のサンフランシスコ周辺にはさらに 12 か所あります。

ナインはさらに先だ。中国にはいわゆるパワースワップステーションが2,000以上あり、スウェーデンでは短期間に7か所が開設された。最近ではマルメにいます。ここ本拠地であるニオは、Slagelse にバッテリー交換ステーションを開設しており、もう 1 つが Brønderslev にも計画されています。

さらに 17 のステーションが検討中です。以下は場所の地図です。

大手自動車メーカーがバッテリー交換を検討中

2023-12-08 13:43