元航 Y6 電気セダンが航続距離 1,000 km の壁を突破

1 min read

大雲グループ傘下の高級電気自動車ブランドである元航汽車は、12月28日に全電気自動車セダン「Y6」を発表した。価格は32万9,800元から52万9,800元(約4万2,000ユーロから6万8,000ユーロ)の範囲であり、 EV市場の上層部の競争相手。 Y6 のセールスポイントは、その驚異的な航続距離 1,020 km です。

元航 Y6 電気セダンが航続距離 1,000 km の壁を突破

全長 5,270 mm/2,000 mm/1,500 mm、ホイールベース 3,130 mm の Y6 は、平均的なサイズのセダンではありません。グリルレスのデザインとファストバックのシルエットを誇示し、フレームレスドアとスルータイプのテールライトによって補完されています。それは有望に聞こえ、有望に見えますが、本当の問題は、これらの美学が電動化オプションが氾濫する市場で注目を集めるのに十分であるかどうかです。

Y6 は消費者に 5 つのモデルから選択を提供し、2 つのシングルモーター後輪駆動オプションと 3 つのデュアルモーター四輪駆動オプションを提供します。リム サイズは 19 ~ 21 インチで、タイヤ仕様は 245/55 R19、265/40 R21、265/40 ZR21 です。カラーパレットには、グリーン、ゴールド、ブラック、ホワイトが含まれます。

元航 Y6 電気セダンが航続距離 1,000 km の壁を突破

Y6 の内部はグリーンとベージュのインテリアが特徴で、際立った特徴はクアルコム Snapdragon 第 3 世代 8155 チップを搭載した巨大な 17.38 インチの中央コントロール スクリーンです。 70 インチの AR-HUD、10.3 インチのフル LCD インストルメント パネル、および 27 スピーカーのオーディオ システムの搭載により、Y6 のキャビン体験は確実に向上します。

シングルモーター後輪駆動とデュアルモーター四輪駆動のパワートレイン構成は、最高速度 205 km/h を約束します。加速の数値も同様に印象的で、ベースの後輪駆動では 0 ~ 100 km/h で 5.9 秒を記録し、四輪駆動ではかなり驚異的な 3.2 秒を達成しました。

元航 Y6 電気セダンが航続距離 1,000 km の壁を突破

重要なのは、Y6 には三元系リチウム バッテリー パックが装備されており、3 つの容量と 4 つの航続距離を提供します。この傑出した最上位モデルは、150 kWh のバッテリー パックにより、驚くべき航続距離 1,020 km を誇ります。 100 kWh のバッテリーは最大 810 km の航続距離を約束しますが、ベースモデルには 88.42 kWh のバッテリーパックが搭載されており、後輪駆動モデルでは 720 km もの航続距離を実現します。 Y6 は急速充電に対応しており、20% から 80% まで充電するのにわずか 30 分しかかかりません。

元航 Y6 電気セダンが航続距離 1,000 km の壁を突破

元航 Y6 が電動セダン市場に大胆に参入していることは間違いないが、懐疑論者はそれがスタイルだけで中身がないのではないかと疑問に思うかもしれない。高額な価格と魅力的なオプションが市場に飽和しているため、Y6 には限界があります。 Y6は、150kWhのバッテリーを搭載した別のオプションになります。最初ではありませんが、もちろん最後でもありません。 2024 年は、航続距離 1,000 km 以上の EV と 150 kWh バッテリー パックの年になりつつあります。

2023-12-29 18:17