ルノー 5 E-Tech ティーザーでバッテリー容量、価格、主要な設計要素が明らかに

1 min read

ルノーは、待望のルノー 5 E-テック エレクトリックを発表する準備がほぼ整い、2024 年のジュネーブ国際モーター ショーで正式発表されます。しかし、同社はそれほど長く待つことができず、次期破壊的モデルの大規模なティーザーをリリースしました。私たちは、そのサイズ、バッテリー容量、さらには価格を、いくつかの設計のヒントとともに学ぶ必要がありました。

ルノー 5 E-テック エレクトリックは、クラシック モデルに敬意を表したデザインで、先代の精神を伝えることを目指しています。最大の特徴はヘッドライトで、オリジナルの形状を反映しながら、中央に瞳孔のようなマークが付いています。

ルノー 5 E-Tech ティーザーでバッテリー容量、価格、主要な設計要素が明らかに

フロントのクールな変更点の 1 つは、歴史的なモデルのボンネットにある交換用エアインテークです。電動ルノー 5 には、車が完全に充電されると数字の「5」を形成する充電表示灯が代わりに装備されています。

ルノー 5 E-テック エレクトリックの全長はわずか 3.92 m ですが、ホイール アーチはより広いスタンスを生み出すように設計されており、コンパクトでありながら力強い外観を与えています。ユニークなグラフィックデザインは、R5 Turboを彷彿とさせる独特の個性を強調しています。

ルノー 5 E-Tech ティーザーでバッテリー容量、価格、主要な設計要素が明らかに

垂直のリアライトは、サイドパネルを延長すると同時に乱気流を低減することで空力性能にも貢献するという二重の目的を果たします。この電気時代では効率がすべてです。

ルノーはR5 Rパスを発売し、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、英国、ベルギー、オランダの顧客が150ユーロの保証金を支払えば確実にいち早く納車を受けられるようにする。

ルノー 5 E-Tech ティーザーでバッテリー容量、価格、主要な設計要素が明らかに

さらに興味深いことに、ルノーは、5 E-Tech Electric には WLTP 航続距離が最大 400 km の 52 kWh バッテリーが搭載されることを確認しました。 2 番目の 40 kWh バッテリー オプションも後日利用可能になる予定です。

ルノー 5 E-Tech ティーザーでバッテリー容量、価格、主要な設計要素が明らかに

新しい R5 は、楽しい運転体験のために設計された AmpR Small プラットフォームに基づいて構築されています。高級車に多いマルチリンクリアサスペンションを採用し、優れた安定性とロードハンドリングを約束します。

ルノー 5 E-Tech ティーザーでバッテリー容量、価格、主要な設計要素が明らかに

車内では、ドライバーはルノーの公式アバター「リノ」に遭遇し、完全に没入型のデジタル体験を提供します。双方向車載充電器を装備したルノー 5 E-Tech Electric は、V2G (Vehicle-to-Grid) テクノロジーを搭載した最初の量産車です。 Mobilize がサポートするこの技術により、ドライバーは余剰電力を送電網に売り戻すことができ、最終的には充電コストを節約し、全体的な電気代を削減できます。

最後に、ルノーは、次期ルノー 5 E-Tech Electric の価格を示しました。価格は約25,000ユーロからとなり、Bセグメントのハイブリッド車との競争力が非常に高くなる。

2023-11-30 19:50