ルノーが三菱向けに電気自動車を開発中

1 min read

電気自動車に関しては、 三菱自動車は非常に沈黙を保っています。この日本のブランドにはまだ純粋な電気自動車はメニューになく、もっぱらハイブリッドのアウトランダーだけだ。この状況を変える必要があり、日本勢はルノーの新しい電気自動車部門アンペールから支援を得ている。

この車は、ルノー/日産アライアンス内で開発されたCMF-EVプラットフォームをベースにしており、これはルノー 5の新しい電気バージョンも支えることになります。プラットフォームは現在AmpR Mediumと改名されています。

ただし、この車は同じくコンパクトSUVであるルノー シーニック E-テックとの共通点が多くなると予想されている。

コンパクトSUVということ以外、モデルに関する情報はまだない。この車の詳細は2024年に明らかにされる予定だ。

三菱自動車は電気自動車市場から完全に撤退しているにもかかわらず、実際には早くから参入していました。すでに 2010 年に、PSA と共同開発した 5 ドア軽自動車、三菱 i-MiEV の形で電気自動車を発売しました。ヨーロッパでは2014年にメニューから外されたが、本国では2021年まで提供されていた。

3月、三菱は4 台の新しい純粋な電気自動車(そのうちの 1 台はピックアップ) を含むチャレンジ 2025 の計画を発表しました。

以下は、ルノー シーニック E-Tech のプレゼンテーションのビデオです。

2023-11-22 13:13