ランチア、来年登場予定のイプシロンEVを予告

1 min read

ランチアが戻ってきて、コンセプトをからかい、将来の計画の一部を明らかにし続けています。例えば、最初の主力モデルであるランチアEVは、航続距離700km以上で2026年に発売される予定だ。しかしそれまでは、私たちにはもう一つのモデル、イプシロンが待っています。今日のティーザーでは、ランチア初のEVに関するあいまいな詳細がいくつか明らかになった。

ランチア、来年登場予定のイプシロンEVを予告

ティーザー画像自体はあまり表示されていません。おそらく、Cassina の碑文が刻まれた中央コンソールの小さな部分が表示されています。プレスリリースが指摘しているように、ランチアはイプシロンのカッシーナ限定版を発売する予定で、生産台数はわずか 1906 台となる。

カッシーナはイタリアの高級家具会社で、イプシロンのインテリアでランチアと協力しました。目標は、乗客に快適で居心地の良い雰囲気を提供し、まるで家にいるかのように感じてもらうことです。

ランチア、来年登場予定のイプシロンEVを予告

本日は、1906 年に設立されたランチア ブランドの 117 周年を記念し、イプシロン カッシーナ エディションがわずか 1906 台で発売される理由です。ステランティスによると、イプシロンEVは来年2月にイタリアのミラノで発表されるという。ランチアはまた、実際の発表日までに、今後数週間のうちにさらなる詳細を明らかにすると約束している。

2023-11-27 21:12