メルセデス、ヨーロッパ初の自社ブランド充電ハブをオープン

1 min read

本日、メルセデスはヨーロッパ初の自社ブランド充電ハブのオープンを誇らしげに発表しました。これは、米国のジョージア州アトランタ、中国の成都と仏山に最近オープンした同様のハブに続くものです。

ドイツ初のメルセデスの充電ハブは、国内で最も重要な輸送路の一つであるライン・マイン・ネッカー地域のマンハイムにあるメルセデスの子会社に設置されている。

メルセデス、ヨーロッパ初の自社ブランド充電ハブをオープン

ハブには 6 つの充電ポイントがあり、それぞれの出力は 300 kW です。最大のエネルギーが充電車両に確実に届くようにするため、各充電器にはポートが 1 つだけあります。容量が大きいため、特定のモデルでは 20 分以内に 10% から 80% に上昇することがあります。

ハブは、あらゆるサイズのすべての車両にオープンです。メルセデスのオーナーは、プラグアンドチャージのサポート、特別歓迎の導入料金のほか、「最初の数か月間」は Mercedes me Charge サービスによる無料の充電を受けることができますが、ここではどの EV でも充電でき、同様のことが当てはまります。メルセデスはさらに多くのハブを計画している。このハブはメルセデスのナビゲーションシステムにも追加され、将来的にはメルセデスのオーナーは事前に充電ポイントを予約できるようになる。

メルセデス、ヨーロッパ初の自社ブランド充電ハブをオープン

このハブには「ゆったりとした大きさの駐車スペースとドライブスルーのオプション」が備わっており、車の充電を待つ間、すぐ近くにあるメルセデスの子会社で休憩することができます。ハブには太陽光発電の天蓋があり、悪天候から身を守ると同時に再生可能エネルギーの生産にも貢献します。 LED は、各充電ポイントの可用性と充電ステータスに関する情報を提供します。

ヨーロッパでは、メルセデスはエネルギー大手E.ONと提携して将来のハブを開発する予定だ。メルセデスは、10年末までに10,000以上の高速充電ポイントを含む自社ハブを世界中に2,000以上設置したいと考えており、そのうち2,000はすでに2024年末までに利用可能となり、そのうちの200以上はヨーロッパにある。今年末までにさらに多くのメルセデス充電ハブが米国と中国で発売される予定で、2024年からはイタリア、スペイン、フランスにもハブが開設される予定だ。

2023-11-28 03:13