マツダもついに NACS の流行に乗り出す、遅いよりはマシだ

1 min read

テスラが設計した NACS EV 充電コネクタは、非常に快適な乗り心地でした。テスラ社だけで使用されていたこの技術は、現在では北米全土で事実上の標準になりつつあり、北米で EV を販売しているほぼすべての企業が、すでに将来のモデルにこの技術を使用することを約束しています。

今日、残っている数少ない抵抗勢力の 1 人がついに時流に乗り出し、マツダについて話しています。他のすべてのEVと同様に、その発表は非常にシンプルです。2025年以降に北米で発売されるすべてのマツダEVはNACSコネクタを使用することになります。

マツダもついに NACS の流行に乗り出す、遅いよりはマシだ

ただし、マツダは他のブランドのように「販売される」ではなく「発売される」と具体的に述べたため、ねじれがあるかもしれない。つまり、同ブランドは今年、新型EVをゼロ台も発売する予定だが、その場合は問題にならないか、あるいはそうなるが、それらのモデルにはNACSコネクタが搭載されないことになる。

いずれにせよ、この動きにより、マツダの将来のEVは、北米全土にあるテスラの15,000台の強力なスーパーチャージャーネットワークにアクセスできるようになる。マツダは、今後も「これからもコアバリュー『ヒューマンセントリック』のもと『走る歓び』を追求し、お客様の感動体験を創造することで『生きる歓び』の提供を目指す」としている。

2024-01-17 01:29