マセラティ グランカブリオ フォルゴーレが今年発売

1 min read

マセラティは電動クアトロポルテの発売を2028年まで延期するかもしれないが、だからといって完全電動化の進展が止まるわけではない。ありがたいことに、電気セダンの登場に先立って、イタリアの自動車メーカーからいくつかの興味深いEVをご紹介させていただくことになりました。

まず最初に登場するのは、すでに市販されているグラントゥーリズモ フォルゴーレのトップレスのいとこである全電動グランカブリオ フォルゴーレです。同社は、世界初の電気コンバーチブルとなる予定だったモデルをリリースする前に、すべての細部を磨き上げるのに時間をかけて取り組んでいる。残念なことに、そのタイトルは MG サイバースターによって奪われており、小さなフィアット 500e ですらその王位を主張しています。ただし、それらはすべて異なる顧客を対象としています。

グランカブリオ フォルゴーレは、そのパワートレインをグラントゥーリズモと共有します。つまり、761 馬力が 4 つの車輪すべてに伝達され、座席の間と座席の後ろに巧みに収納された 800 V および 92.5 kWh のバッテリー パックによってサポートされます。トップレスバージョンは、おそらく同じ455kmの航続距離と320km/hの最高速度を誇るだろう。実際、ハードトップが欠落していることを除けば、2 つのバージョン間に大きな違いはないと考えられます。

マセラティ グランカブリオ フォルゴーレが今年発売

マセラティは昨年末までにコンバーチブルバージョンを発表する予定だったが、デビューを数カ月延期した。どうやら開発は順調に進んでおり、今年中には3台目の電動マセラティが登場することが期待できるだろう。

しかし、それだけではありません。 MC20も電動化の取り組みからはもうしばらく逃れられないことが判明した。マセラティは、2025年のデビューに向けて、スーパーカーの全電気式バージョンを準備している。そして、それだけでは十分ではないとしても、グレカーレ・フォルゴレには、遅くとも2027年までに大きな兄弟が誕生する予定である。この多忙なスケジュールが、クアトロポルテが後回しにされている理由を説明している。そしてその順番は2028年まで待たなければならないだろう。

一見すると、マセラティは将来をしっかりと計画しているように見えますが、トライデント社にとってすべてがバラ色というわけではありません。スタランティス傘下のマセラティは従業員1,000人を解雇しなければならなかったが、明らかにこれは一時的な措置に過ぎず、イタリアのミラフィオーリ工場での生産は3月には通常に戻るはずだ。

2024-01-26 19:30