ポルシェが新型タイカンをからかう、そのビデオはこちら

1 min read

ポルシェは現在、今春市場に投入される予定の新型タイカンの開発に取り組んでいる。同社は、セダン、クロスツーリスモ、スポーツツーリスモの各モデルの間で、新世代の自動車を広範囲にテストしており、世界中の試験場、レーストラック、公道で約 3,600,000 km を走行しました。フィンランド北極圏の北では-41℃、カリフォルニアのデスバレーでは-53℃。テストの一部を紹介する公式ティーザービデオは次のとおりです。

360万kmのテストのうち、30万kmは低温環境、20万kmは高温環境で行われた。北極圏から350km北に位置するフィンランドでは、新型タイカンが雪上で優れたドライビングダイナミクスを発揮したが、「低温下では充電時間がほぼ半分になることにも納得」した。凍った湖や深い雪にも安心して対応できることも実証した。

ポルシェが新型タイカンをからかう、そのビデオはこちら

アップデートされたタイカンは現在テストの最終段階に入っており、ポルシェは新世代では3つのバージョン(セダン、クロスツーリスモ、スポーツツーリスモ)すべてに「大幅な改良」が施されることを約束している。

タイカンのテスト責任者であるフロリアン・スタール氏は次のように述べています。

ポルシェでは、電気自動車は内燃機関スポーツカーと同じ厳格なテスト プログラムを受ける必要があります。卓越したパフォーマンスに加えて、重要な要件は、あらゆる気候条件下での日常の使いやすさです。大幅にアップグレードされたタイカンは、数か月後の市場発売時には、合計 17 か国で広範な世界規模のテストを完了する予定です。

2024-01-23 23:06