ボルボがポールスター株を手放し、吉利が資金調達を引き継ぐ

1 min read

最新モデルのポールスター 4 を発売して間もなく、この EV メーカーは問題に直面しました。ボルボの元パフォーマンス部門で現在は別会社となっているが、これまでボルボから流れていた資金に依然依存している。一部のメーカーではEVの販売が鈍化しているようで、ボルボは経費削減を目指しており、ポールスター株を売却したいと考えている。

ポールスターは、本質的に新しい会社にしては大きな進歩を遂げたと主張しており、すでに 3 台の車両が多くの世界市場で販売されている。 CEO によると、同社は 2025 年に黒字化に向けて進んでいるとのこと。これは素晴らしいニュースですが、そこに到達するにはさらに 12 億 1,000 万ユーロが必要です。そしてそれが面白くなるときです。

ボルボがポールスター株を手放し、吉利が資金調達を引き継ぐ

ポールスターは吉利とボルボが所有しており、後者は株式の48%を保有している。ボルボはコスト上昇の抑制に苦戦しており、すでに従業員1,300人を解雇しているが、EVに完全に集中したいと考えており、そのためにはさらに多くの資金が必要となる。計画はシンプルだ。ポールスター株の48%の一部を売却し、若い分社をさらに独立させるというものだ。

当然のことながら、吉利汽車は、億万長者のオーナーである李書福氏に代わって、すでに買収することを認めている。吉利汽車はボルボ株の79%とポールスター株の残りを所有しているが、このような大きな動きさえ、一方のポケットからお金を取り出してもう一方のポケットに戻すのと同じだ。

ボルボがポールスター株を手放し、吉利が資金調達を引き継ぐ

この発表を受けて市場は反応し、ボルボ株は30%上昇した。これはボルボにとってもポールスターにとっても朗報であり、後者にはもう少し翼を広げる機会が与えられることになる。ポールスターの株価は同社が上場して以来下落しており、2021年5月に9.76ドルでスタートし、現在は1.93ドルという安値で推移している(執筆時点)。

一部の人が私たちに信じたいと思っていることに反して、EV 市場は活況を呈しています。確かに、レガシー自動車メーカーはEVへの移行に苦戦しているようだ。ルノーはアンペールのIPOを中止したばかりで、フォルクスワーゲンもパワーコのIPOで同様のことをした。 GMはプラグインハイブリッドの生産を増やす方針だが、トヨタはEVはあまり重要ではないとしている。欧州が中国からの輸入品に震える一方で、中国のEV市場は世界の他の地域を合わせたよりも速く成長し、テスラ・モデルYは世界で最も売れている車になった。

2024-02-01 17:22