フランス、月額 40 ユーロの電気自動車リースで低所得ドライバーの EV アクセスを可能に

1 min read

電気自動車を誰もが利用できるようにする取り組みとして、フランスは「ソーシャルリース」プログラムを導入し、低所得ドライバーに月額わずか40ユーロで電気自動車をリースする機会を提供する。エマニュエル・マクロン大統領の取り組みは、EVへのアクセスを民主化し、経済的余裕が限られている人々にとってEVを手頃な価格で実現することを目的としています。

持続可能性への取り組みの中で、この革新的なプログラムは EV の導入を奨励するだけでなく、車両の手頃な価格に関する従来の概念に挑戦します。低所得ドライバー向けに当初提案されていた月額目標リース料100ユーロは超え、自動車メーカーはさらなるコスト削減に成功し、多くのドライバーにとって手の届く水準となった。

フランス、月額 40 ユーロの電気自動車リースで低所得ドライバーの EV アクセスを可能に

年収が 15,400 ユーロを超えない対象となるドライバーは、政府補助のリースが頭金なしで利用できるため、EV 所有の見通しがさらに魅力的になることを知って喜ぶでしょう。 1月1日に開始される予定のこのプログラムは、2027年までに100万台の電気自動車を生産するというマクロン大統領の大きな目標の一環である。

このソーシャル リース構想では、より小型の車両を優先して、フランスおよびヨーロッパで生産された電気モデルの使用を奨励しています。待望の追加製品であるルノー トゥインゴ E-テックは、月額 40 ユーロという驚くべき価格でリースでき、最初の 6 か月間はメンテナンス、サポート、無料充電が含まれます。他の注目すべきモデルには、89 ユーロのフィアット 500e、99 ユーロのプジョー E-208、94 ユーロのオペル コルサ e などがあります。シトロエン e-C3 もラインナップの一部で、月額 54 ユーロという手頃な料金でリースできます。

フランス、月額 40 ユーロの電気自動車リースで低所得ドライバーの EV アクセスを可能に

この画期的なプログラムの資格を得るには、フランス在住者は年収の上限、年間の最低移動距離、職場からの距離などの特定の基準を満たさなければなりません。 3 年間のリース契約には保険と不測の事態への備えが含まれており、適格な参加者には期間終了時に車両を購入するオプションが提供されます。

この取り組みには潜在的な影響があるにもかかわらず、最低賃金を5,000ユーロ下回る世帯へのアクセスを制限する厳しい基準があるため、批判に直面している。しかし政府は、フランスでは400万人から500万人が資格要件を満たしていると主張し、このプログラムが広範囲に及ぶことを強調している。 2024 年までに 20,000 件のリースが予定されているため、スタートは遅れていますが、その後数年で増加することが予想されます。

フランス、月額 40 ユーロの電気自動車リースで低所得ドライバーの EV アクセスを可能に

しかし、それは電気自動車だけではありません。温室効果ガス排出量を削減するというフランスの広範な戦略の一環として、マクロン大統領は、電気自動車であろうとなかろうと自動車の使用を抑制することを期待して、通勤電車の強化に7億ユーロを割り当てました。

2023-12-19 14:46