フォードの電気自動車「エクスプローラー」が6月に生産開始

1 min read

フォードの電気自動車市場への取り組みは、途中でいくつかの困難に直面した。アメリカの自動車メーカーは当初、VWベースのフォード・エクスプローラーをもっと早く発売すると約束していたが、最近の報道によると、電動エクスプローラーはついに6月に発売され、最初の納車は8月までに顧客に届く予定だという。

フォードの電気自動車「エクスプローラー」が6月に生産開始

電気エクスプローラーは、フォードの欧州における電気自動車への移行における重要な一歩となる。 MEB プラットフォーム上でフォルクスワーゲンと提携して構築されたこの SUV は、ドイツのエンジニアリングとフォードが誇るアメリカン スタイルを組み合わせています。フォードはケルン工場を電気自動車生産に対応するため改修するために20億ユーロ相当を投資した。

しかし、当初の熱意にもかかわらず、フォードの電気自動車「エクスプローラー」は8か月の生産遅れに直面している。当初は2023年末に生産開始、2024年初めに販売開始の予定だったが、フォードは新しいバッテリー規格のためスケジュールを延期した。競合各社が新しい電気モデルを急速に発売し続けているため、この遅れはフォードにとって大きな代償となる可能性がある。

フォードの電気自動車「エクスプローラー」が6月に生産開始

電動エクスプローラーがついに登場すると、ヨーロッパの顧客にはエクスプローラーとエクスプローラー プレミアムの 2 つのトリムが提供されることになります。基本価格は45,000ユーロ未満からと予想されており、価格競争が激しいセグメントに参入する。中国の自動車メーカーBYDはすでにドイツで電動SUV「Atto 3」の価格を最大15%値下げしており、フォードの競争力に疑問が生じている。

米国でもフォードはその栄誉に満足しているわけではない。自動車メーカーは、ロードトリップ向けに設計された3列電動SUVを発表し、広々とした車内と最大350マイルの航続距離を約束している。フォードは具体的な価格の詳細は明らかにしなかったが、同社はこのSUVを米国の消費者にとって魅力的な選択肢として位置づけている。

フォードの電気自動車「エクスプローラー」が6月に生産開始

欧州におけるフォードの野心は、単なる電動エクスプローラーだけにとどまらない。同社は2035年までに欧州で9台のEVをラインナップする全電気化を計画している。電動エクスプローラーは、2026年までにヨーロッパで年間60万台のEVを販売するというフォードの目標において極めて重要な役割を果たすことが期待されている。しかし、生産の遅れにより、フォードは積極的にEV製品を拡大している競合他社に後れを取ることになるかもしれない。

2024-01-17 10:02