フォードとGMのEVドライバーは2月にテスラのスーパーチャージャーで充電できるようになる

1 min read

ゼネラルモーターズとフォードは、私たちが思っていたよりも早くスーパーチャージャーにアクセスできるようになりました。最近都市計画委員会の会合で新しいスーパーチャージャーステーションについて話したテスラ従業員によると、フォードとGMは早ければ2024年にもスーパーチャージャーを利用できるようになるという。

ほぼすべての大手自動車メーカーが、2025 年までに NACS (テスラが使用しているものと同じテスラ コネクタ) に切り替えると発表しています。つまり、2024 年半ばにはこのコネクタを搭載した非テスラ車が登場することになります。もちろん、このコネクタを備えたフォードやゼネラルモーターズの車が 2 月までに発売される可能性は低いですが、CCS コネクタを備えた既存の車は、アダプタを使用してスーパーチャージャーを利用できる可能性があります。

「私たちの最初の自動車会社であるフォードとGMは、2024年2月にスタートします」とテスラの充電インフラデザインマネージャーのジェニー・プレターレ氏はファー・ウェスト都市計画会​​議で述べた。 「当社の充電ステーションと接続するための充電ポートとソフトウェアがあれば、それらの車両も実際に利用できるようになるでしょう。」

フォードとGMのEVドライバーは2月にテスラのスーパーチャージャーで充電できるようになる

プレターレ氏は続けて、他のメーカーも段階的にスーパーチャージャーにアクセスできるようになると述べた。メーカーが2025年までにNACS車を製造する準備を進める中、これらの段階が2024年にかけて展開されることが期待される。

お見逃しなく

興味深いことに、プレターレ氏はまた、ファーウェストで建設中のスーパーチャージャーはトレーラーを牽引する車両を念頭に置いて構築されると指摘した。プレターレ氏は、例えばトレーラーを牽引するサイバートラックが新しいステーションに停車して充電できるだろうと指摘した。これにより、他の車も充電しやすくなることが期待されます。

NACS の採用を発表した最初の大手自動車メーカーはフォードであり、その後すぐにゼネラル モーターズも続きました。それ以来、メルセデス・ベンツ、リビアン、ボルボ、ポールスターなどが追随してきました。切り替えを発表していない唯一の大手自動車メーカーはフォルクスワーゲンですが、同社は依然として NACS の実装を「評価中」だと述べています。他のすべてのメーカーが移行しており、充電ステーションも最終的には移行するという事実を考えると、同社が最終的に移行しなかったとしたら非常に驚くべきことです。

それまでの間、実際に展開がどのように行われるかを確認する必要があります。特に充電ステーションでの長い待ち時間に対処しなければならない可能性のあるテスラのドライバーにとっては、多少の成長痛が生じる可能性がある。うまくいけば、テスラと他の企業の両方が、道路を走るすべてのEVをサポートするために充電ステーションの生産を増やすことができます。

2023-12-23 02:29