フォルクスワーゲンとルノーは安価な電気自動車を加速させる

1 min read

フォルクスワーゲンは、ルノーを含む潜在的なパートナーと、2万ユーロの電気自動車の開発で協力することについて話し合っている。ドイツの経済紙ハンデルスブラットが報じた。フォルクスワーゲンは、バッテリー駆動車両を大衆が手頃な価格で提供できるよう、低コストの電気自動車プラットフォームでの協力に興味を持っている。

しかし、ルノーとの交渉はまだ「非常に初期段階」にあると同紙は報じている。彼らはこの問題に詳しい人々を指します。これらの情報筋はまた、これらの安価な車両の年間生産目標が20万台から25万台であることを知っていると信じている。

フォルクスワーゲンはいくつかの安価な電気自動車の開発に取り組んでいます。 3月には電子IDを提示した。 2all コンセプトは、2025 年に 25,000 ユーロの電気自動車になる予定です。つまり、デンマークの価格は 200,000 クローネ未満です。その際、ドイツ側は2万ユーロ(15万クローネ)以下の電気自動車の開発にも取り組んでいると述べたが、これに関するさらなる情報は明らかにしなかった。

ルノーも同様の計画を持っている。先月、ルノーのルカ・デ・メオCEO(元VWグループCEO)は、トゥインゴを低価格の電気自動車として2026年に発売すると発表した。価格は2万ユーロ以下になる予定だ。

ルノーの広報担当者は、小型電気自動車との競争力を高めるために提携が必要だったと述べた。同広報担当者は「さまざまな協議を行っているが、まだ何も決まっていない」としている。

フォルクスワーゲンはこの噂についてコメントを避けた。

以下は、iNPUT による ID 提示のビデオです。 2すべて:

2023-12-11 11:13