フォルクスワーゲン、EV革命に追いつくのに苦戦中―さらなる人員削減が予定される

1 min read

欧州最大の自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは、電気自動車市場での競争力を維持するために奮闘している。フォルクスワーゲンブランド車の最高経営責任者(CEO)、トーマス・シェーファー氏は最近、同社が追加の人員削減を発表した際、「もはや競争力はない」と宣言した。自動車業界がEVへの地殻変動を迎える中、フォルクスワーゲンはテスラのような手ごわい競合他社との競争に残り続けるためにたゆまぬ努力を続けている。

EVの急速な台頭により、フォルクスワーゲンは新たな現実への適応に苦戦している。トーマス・シェーファー氏はスタッフ会議で、市場での競争力を損なう高コストや低生産性など、同社が直面する重大な問題を強調した。これらの課題により、フォルクスワーゲンは EV 分野での将来を確保するために大胆な措置を講じるようになりました。

フォルクスワーゲン、EV革命に追いつくのに苦戦中―さらなる人員削減が予定される

財務上の苦境に対処するため、フォルクスワーゲンは6月、2026年までに100億ユーロの節約を目指すコスト削減プログラムを導入した。このプログラムは同社にとって極めて重要であり、ブランド収益を現在の3.6%から2026年比で6.5%に引き上げようとしている。今後 3 年間は CEO のオリバー・ブルーム氏のリーダーシップの下で活動します。

人事委員会のメンバーであるグンナー・キリアン氏は、社内の余分な荷物を取り除く必要性を強調し、重複したプロセスやリソースへの不必要な負担を排除することを主張しました。これらの効率化対策と人員削減は、フォルクスワーゲンが競争力を取り戻すのに役立つと期待されています。

フォルクスワーゲンの苦境はさまざまな要因によってさらに悪化する。高いインフレ率と金利上昇、ドイツでのEV補助金の打ち切りにより、同社は厳しい立場に陥っている。さらに、テスラやBYDなどのEV分野の市場リーダーは、フォルクスワーゲンの中核市場での競争を激化させている。

フォルクスワーゲン、EV革命に追いつくのに苦戦中―さらなる人員削減が予定される

EV需要が予想よりも低いとフォルクスワーゲンが主張しているにもかかわらず、テスラのモデルYは今年欧州で最も売れている車になる勢いで、フォルクスワーゲンがEV革命に適応する上で直面する課題を浮き彫りにしている。

フォルクスワーゲンは状況の緊急性を認識しており、EV時代に自らを再発明するための措置を講じています。人員削減は戦略の重要な部分を占めるが、コスト削減策の大部分は他の手段から行われる予定で、フォルクスワーゲンは年末までにさらなる詳細を明らかにする予定だ。

フォルクスワーゲンの苦戦は、伝統的な自動車メーカーが直面する広範な課題を反映している。業界が前例のないペースで電動化に向かって進む中、フォルクスワーゲンのような企業は、将来の自動車業界での地位を確保するために迅速かつ効率的に適応する必要があります。

フォルクスワーゲン、EV革命に追いつくのに苦戦中―さらなる人員削減が予定される

VWはここしばらく泣き叫んでいるが、同社によれば、中国の自動車メーカーがEU市場に殺到する一方でEVの需要はなくなっているという。これら 2 つの声明は明らかに矛盾していますが、単に会社の時間を稼ぐことを目的としています。 EUに働きかけた結果、反補助金調査を受けることになった。

真実を言えば、フォルクスワーゲンは経営の合理化に注力したほうが良いでしょう。自社の不運を周囲全員で非難するのではなく、かつて最も得意としていたこと、つまり人々が買える車を作ることに集中すべきだ。

2023-11-28 19:31