フォルクスワーゲン、欧州で双方向充電を導入

1 min read

フォルクスワーゲンはついに双方向充電技術をヨーロッパに導入します。

Vehicle-to-Home (V2H) テクノロジーとも呼ばれる双方向充電により、電気自動車は電力網から電力を引き出すだけでなく、電力網に電力を供給することもできます。フォルクスワーゲンは、この機能をヨーロッパの最新の ID 電気自動車に導入すると発表しました。

フォルクスワーゲン、欧州で双方向充電を導入

このオプションは、77 キロワット時使用可能なバッテリー パックを搭載し、ID ソフトウェア 3.5 以降を実行しているフォルクスワーゲン ID モデルで利用できます。これらには、更新された ID.3 と ID.4、最新バージョンの ID.5、まったく新しい ID.7、そしてもちろん ID.Buzz が含まれます。既存のお客様でも、ソフトウェア アップデートを通じてこの機能をお楽しみいただけるようになります。

フォルクスワーゲンは、欧州で普及しているCCS(Combined Charging System)DC充電規格に基づいた双方向充電ソリューションを提供する先駆者の1社であると主張している。実際には、日産、ヒュンダイ、起亜、ジェネシス、BYD、MG などの他の自動車メーカーがすでに大陸で双方向充電を採用しており、フォルクスワーゲンはただ追いつくことを決意しているだけです。

フォルクスワーゲン、欧州で双方向充電を導入

米国の顧客にとっての問題は、この革新的なテクノロジーをすぐに利用できるかどうかです。米国フォルクスワーゲンは「調査中」とその可能性を示唆しているが、現時点では大西洋を越えた導入の具体的な時期は決まっていない。

双方向充電により、電気自動車を家庭のエネルギー貯蔵システムの拡張として機能させることができます。ホーム ストレージ システムが追加のエネルギーを必要とする場合、ID 電気自動車が作動して電力を供給します。唯一の制限は、車両の高電圧バッテリーが 20% の充電状態に達すると双方向充電が終了することです。これにより、EV は必要なときにいつでも走行できる状態を保つことができます。

フォルクスワーゲン、欧州で双方向充電を導入

フォルクスワーゲンは、この技術が家庭に電力を供給するだけでなく、家庭の太陽光発電システムによって生成された余剰電力を貯蔵するためにも使用されることを構想しています。自動車メーカーは、曇りの日や太陽が沈み、太陽光発電システムが発電していないときに、車のバッテリーに蓄えられた太陽エネルギーで住宅に電力を供給できると推定している。さらに、複数の電気料金制度がある場所では、再生可能エネルギーが豊富で価格が安いときに、所有者は車を充電できます。

フォルクスワーゲンは、ID 電気自動車が電力網を安定化するために余剰電力を供給する (Vehicle-to-Grid または V2G) ことによって電力網に貢献することを計画しています。この野心的なビジョンは、スウェーデンのパイロット プロジェクトで実証されています。このプロジェクトでは、住宅団地全体が EV と、家庭用発電所やホーム エネルギー管理システム (HEMS) などの関連する充電インフラによって電力供給されています。

現時点では、ヨーロッパの対象となるフォルクスワーゲン ID モデルは、HagerEnergy GmbH の S10 E COMPACT シリーズ DC 家庭用発電所と互換性があります。ただし、自動車メーカーは将来的に他の家庭用発電所との互換性を拡大する計画を持っています。

2023-12-09 03:38