フォルクスワーゲン、新しい出口警報システムを導入

1 min read

フォルクスワーゲンは、出口警報システムと呼ばれる新しい安全機能を発表した。 ID.7、新型パサート、新型​​ティグアンに標準装備される。これらの車には、この機能を動作させるために必要なすべてのハードウェアが付属していますが、ゴルフ、ID.4、ID.5 にはオプションとしてこの機能を搭載できます。

フォルクスワーゲン、新しい出口警報システムを導入

モデルに応じて、この機能の動作方法は若干異なります。特にID.7は、リアバンパーに取り付けられたレーダーセンサーを使用してエリアをスキャンします。道路利用者が近づくと、車は外側のサイドミラーの LED ライトを点滅させてドアを開けないよう乗客に警告します。また、乗客がドアを開けようとした場合、ドアにはタイムアウトが発生し、しばらく開かなくなります。結局のところ、誰かがドアを開け、別の道路利用者が通りかかった場合にも警告音が鳴ります。

この機能は、自転車が車の横を通り過ぎるときに特に便利で、車を駐車してから 3 分以内は常に有効になります。

このシステムはパサートとティグアンでも同様に機能しますが、これらの車は機械式ドア ハンドルを使用しているため、開閉遅延は利用できません。

ID.4 と ID.5 では、差し迫った危険がある場合にのみ、出口警告システムがサイドミラーの LED ライトを点滅させます。それ以外の場合は、ID.7 と同じように動作します。

2023-12-08 15:17