ハーツは2万台のEVを処分し、その資金の一部をICE車両の購入に充てる

1 min read

ハーツはここ数年非常にEV寄りで、ポールスターから6万5000台のEV、GMから17万5000台のEVを購入するとさまざまな時点で発表していた。昨年2月には4万台以上のテスラを保有していた。

しかし、流れは変わりました。ハーツは現在、米国の保有車両から2万台のEVを販売する計画を立てており、これは同社が世界中で所有するEVの総数の約3分の1に相当する。興味深いことに、この動きの理由は、EVの「衝突と損傷に関連する費用」と、それがICE車と比較してどれだけ高いかに関するもののようです。

ハーツは2万台のEVを処分し、その資金の一部をICE車両の購入に充てる

ハーツ氏によると、これらの費用は前四半期も高止まりしており、「それがEV車両の大幅な削減を開始するという同社の決定を裏付けている」という。 2万台のEVの販売から得た資金の一部は、さらにICE車両を購入するために使用される予定だ。

さらに、「同社は、この措置により、EVの予想される需要に対して供給のバランスがより良くなると期待している。これにより、同社は不釣り合いな利益率の低いレンタルを排除し、EVに関連する損害費用を削減できるようになるだろう」とハーツ氏はSECへの提出書類で述べている。

これを通常の英語に翻訳しましょう。ハーツは、EV レンタルの需要が当初の予測よりも少ないと予想しており、EV が故障すると修理や交換に費用がかかるため、ICE 車両の 1 回あたりのレンタルよりも EV レンタルごとの利益が少なくなります。事故に遭う。

昨年10月に遡ると、ハーツの最高経営責任者(CEO)スティーブン・シャー氏は、EVには「損傷修理費という点で、従来の内燃機関車に比べて約2倍」の費用がかかると明らかにした。そして今、それについて何かをすることが決定されました。興味深いのは、単に追加コストに基づいて EV レンタルの料金を比例的に高くするという選択をしなかったことです。そのオプションも常にありましたが、おそらく最初からそうすべきだったのではないでしょうか?いずれにしても、今となっては決して分かりません。

2024-01-15 12:35