ハーツは、65,000台の以前の契約にもかかわらず、今年ポールスターからEVを購入しない

1 min read

2022年にポールスターは、レンタカー会社がその時点から5年間で6万5000台のEVを購入するというハーツとの契約を発表した。ハーツは2022年から2023年にかけてすでに2万台を購入していたが、現在は契約が保留されている。

ポールスターのトーマス・インゲンラート最高経営責任者(CEO)によると、ハーツのスティーブン・シャー最高経営責任者(CEO)は昨年彼に連絡を取り、2024年に協定を一時停止できるかどうか尋ねたが、まさにその通りになったという。そのため、ハーツは今年、これ以上ポールスターEVを購入しない。

ハーツは、65,000台の以前の契約にもかかわらず、今年ポールスターからEVを購入しない

EVブランドを取り巻く最近の悪いニュースはこれが初めてではない。ボルボはポールスターが今年必要とする資金の一部を賄いたくないため、ポールスターへの出資を手放し、基本的に親会社吉利に完全に譲渡することになる。それだけの価値があるため、ポールスターは来年黒字化すると予想している。 2025年についてインゲンラート氏は、将来的にハーツへの販売を再開する「明確な意図」があるが、両社は来年それが実現するかどうか「その時点で検討する必要がある」と述べた。

興味深いことに、ポールスターは、ハーツが現在のポールスター車を「早期に、またはあまりにも安く」販売しないことを条件に、ハーツの一時停止要請に同意したとインゲンラート氏はフィナンシャル・タイムズに語った。インゲンラート氏によると、ハーツ社がポールスター社を「艦隊から外す」ことを望む場合には、ポールスター社が「いつでも最初に拒否する権利」を持つことに同意したとインゲンラート氏は述べた。ポールスターは明らかに、ハーツの大量の安価な中古EVが中古市場に出回って自社のブランド価値が低下することを望んでいない。

ハーツは、65,000台の以前の契約にもかかわらず、今年ポールスターからEVを購入しない

メーカーが後で車両を設定価格で買い戻すことに同意する買い取りモデルを運営しているほとんどのレンタカー会社とは異なり、ハーツは購入した車両を完全に自社で所有するリスクモデルを採用しているため、保有する車両がそのまま残ってしまうと上記のリスクにさらされることになる。時間の経過とともに大幅に価値が下がります。

ハーツは最近、米国の保有車両から2万台以上のEVを販売し、その収益の一部をさらに多くのICE車両の購入に充てることを計画していると発表した。なぜなら、EVは衝突や損傷に関連して多額の費用がかかるためである。そして、EV の修理費用が少しだけ高いだけではありません。Scherr 氏によると、同社の費用は ICE 車両と比較して約 2 倍です。

2024-02-08 00:05