トヨタ アーバンは、私たちが待ち望んでいた低コストの電気クロスオーバーになる可能性があります

1 min read

トヨタはついに電動化をもう少し真剣に取り組む準備ができている可能性があります。日本の自動車メーカーは電気自動車の製造に非常に遅れをとっていたが、最近、トヨタの低コスト量産型EVへの試みとなる新型トヨタ・アーバンの開発を開始した。

特にアーバンは、テスラ モデル Y、ヒュンダイ アイオニック 5、起亜自動車などの高価格車に代わる手頃な価格の小型 SUV として、ボルボ EX30 やヒュンダイ コナ エレクトリックなどの車と対決する可能性があります。 EV6.トヨタはブリュッセルで開催される毎年恒例のケンシキ・フォーラムでこの車を発表した。

トヨタ アーバンは、私たちが待ち望んでいた低コストの電気クロスオーバーになる可能性があります

現時点では、アーバンは単なるコンセプトにすぎず、生産の準備が整うまでに新しい名前が付けられる可能性があることに注意することが重要です。トヨタは電気自動車に「bz」というネーミングを採用しており、今後もそれが続く可能性がある。

トヨタによると、アーバンのデザインは同じく比較的肉厚なコンパクトクロスオーバーであるトヨタ・ヤリスクロスからインスピレーションを受けているという。同社は、乗客と荷物により多くのスペースを提供するために室内空間を最大化したと述べている。

この車には、よりアクセスしやすいエントリーレベルのモデルと、より高価な長距離モデルの 2 つのバッテリーオプションが提供されます。残念ながら、実際の航続可能距離は明らかにされていないが、トヨタが全固体電池技術を活用すれば、それは非常に素晴らしいものになる可能性がある。

トヨタ アーバンは、私たちが待ち望んでいた低コストの電気クロスオーバーになる可能性があります

しかし、これはトヨタにとって単なる始まりに過ぎないかもしれない。同社によれば、アーバンは2026年までに欧州で発売する5つの新しい電気モデルのうちの1つである。ありがたいことに、トヨタ アーバンについての詳細を聞くのに長く待つ必要はないだろう。量産モデルが公開される予定だ2024年初めにオフになる。

アーバンはヨーロッパで発売される予定ですが、米国版が発売されるかどうかはまだわかりません。そうなれば、大きな競争にさらされることになる。多くの企業が電気自動車への移行において、クロスオーバーサイズの車から始めている。

2023-12-07 18:25