トヨタは全固体電池への期待を軽視

1 min read

トヨタは全固体電池などの新技術の開発に関しては非常に楽観的であることでも知られている。しかし、ドイツのアウトモビルウォッヘ紙のインタビューで、日本人は形勢を逆転させ、新しいタイプのバッテリーに対する期待を軽視している。

今年初め、トヨタは全固体電池の生産を2026年に開始すると発表し、2027年か2028年にはさらに大規模に量産できる可能性があると述べた。

それは、ソリッドステート技術を搭載した電気自動車を路上に送り出せるようになるのはずっと後だと予想している競合他社よりもずっと早いだろう。おそらく2030年代までのことだろう。

さて、トヨタは突然、商用全固体電池の第一弾は数千台の車にのみ十分であると述べた。前述の「量産」バッテリーが現実になるのは2030年になると推定されている。ちなみに、これも約10,000台の車に十分な量しかない。

これらは、トヨタが電池製造における最大の課題の1つを解決したと発表したわずか1か月前とは全く異なる論調である。カソード-アノードセルの層は、材料を損傷することなく、迅速かつ高精度で積み重ねる必要があります。

今回の新たな発表により、トヨタは固体電解質電池を開発する他社とより歩調を合わせることになる。

今秋初め、ドイツの企業ハイパフォーマンスバッテリー(HPB)は全固体電池を量産する準備ができていると発表した。世界最大の電池メーカーである中国のCATLは、年末までに半固体電池を量産する準備を進めている。同時に、Samsung SDI はソリッドステートの完全自動パイロット組立ラインを完成させました。

2023-11-24 13:45