トヨタが大々的に宣伝する全固体電池は数量限定でしか生産されない

1 min read

トヨタは9月に航続距離を延長した次世代電池と全固体電池を生産するという野心的な計画を明らかにしたが、当初は全固体電池が不足すると報じられている。最新の報告書によると、この画期的な技術を使用して生産されるのは数千台のみだという。

あるいは、「画期的」という言葉は少し誇張されているかもしれません。トヨタの計画では、このバッテリーの2つのバージョンを生産する予定である。1つは現在のトヨタEVよりも航続距離が20%長く(それほど長くはない)、もう1つは50%向上している。物事を大局的に考えると、CLTCの基準によれば、標準の航続距離オプションはおそらく999kmに達し、上位バージョンのバージョンは1,199kmに達すると宣伝されていますが、これは少し楽観的すぎることは誰もが知っています。

トヨタが大々的に宣伝する全固体電池は数量限定でしか生産されない

良いニュースは、これらのバッテリーはわずか 20 分で充電でき、実際に画期的な進歩と言えるということです。残念なことに、これらのソリッドステートセルは、2027年から2028年に市場に投入される際に数量が限定される予定です。

いわゆる「次世代」バッテリーに関して、トヨタは普及版と高性能版の2つのバージョンに取り組んでいる。前者は bZ4X と比較して航続距離が 20% 増加するはずで、CLTC の推定距離は 737 km になります。 LFPバッテリーを搭載し、製造コストを40%削減する。このバッテリー技術を搭載した最初の車は2026年から2027年に発売される予定だ。

この性能変更により、航続距離は 998 km となり、これも CLTC 基準に準拠し、生産コストは依然として 20% 削減されます。

さらに、同社は双極構造と高ニッケル正極を備えた高性能電池の開発を進めている。自律性はわずか 10% 改善されると言われていますが、パフォーマンスが優先されているため、これは予想される範囲です。

2023-11-22 19:36