テスラ モデル 3 RWD およびロングレンジは、1 月 1 日から米国連邦税控除の半分しか受けられない

1 min read

テスラのモデル 3 の後輪駆動およびロングレンジ トリムは現在、他の多くのテスラ モデルと同様、7,000 ユーロの米国連邦税額控除の対象となりますが、これは 2024 年 1 月 1 日から変更されます。その日以降、後輪駆動およびロングレンジ モデルは3 人の購入者は、資格がある場合のみ 3,490 ユーロの税額控除を受けられます。

したがって、テスラは明らかに、これらのいずれかを希望し、7,000ユーロの税額控除を全額利用したい人には、できるだけ早く注文するよう勧めています。資格を得るためには12月31日までに納入する必要があり、そうでない場合は控除が半分になります。良いニュースは、できるだけ早く注文して年末までに配達を受けると、6 か月間の無料スーパーチャージが受けられるということです。

テスラ モデル 3 RWD およびロングレンジは、1 月 1 日から米国連邦税控除の半分しか受けられない

この税額控除の変更は、米国政府が先週発表した最新のインフレ抑制法のガイダンスにより発生します。テスラはウェブサイトで情報を確認し、全員が閲覧できるようにした。テスラの発表全文は次のとおりです。

適格な新車テスラを納車し、連邦政府の要件をすべて満たしている顧客は、最大 7,500 ドルの税額控除を受けることができます。 2024 年 1 月 1 日より、モデル 3 後輪駆動およびモデル 3 ロングレンジの税額控除は 3,750 ドルに減額されます。全額税額控除を受けるには、12 月 31 日までに納車してください。対象となる現金またはローンでの購入のみ。

モデル3のRWDとLRはバッテリーパックに中国製部品が含まれているために罰せられる可能性が高いが、テスラ自体はなぜそうなるのか説明していない。

2023-12-05 02:07