テスラは欠陥部品を故意に取り付け、顧客に修理費を支払わせた

1 min read

最近のロイターの調査では、テスラが電気自動車に欠陥のある部品を故意に取り付け、顧客に修理費を請求し、ドライバーの「虐待」や以前の損害を責めることで責任を無視していた経緯が明らかになった。

テスラは欠陥部品を故意に取り付け、顧客に修理費を支払わせた

テスラの製造品質に疑問があることは、長年にわたって繰り返し話題になってきたが、調査で自動車メーカーが欠陥を積極的に隠していたことが明らかになり、暗い方向に進んでいる。テスラは部品の欠陥を認識していたにもかかわらず、走行距離が1,000マイル未満の車の場合でも部品の故障の責任を否定し、責任を顧客に転嫁した。

報告書は、英国の顧客の2023年型テスラ・モデルY型新型車に関わる悲惨な事故で始まる。納車からわずか1日後、このEVは致命的な故障に見舞われ、家族を乗せた状態で低速回転中にステアリング制御を失った。驚くべきことに、わずか185km走行後に右フロントサスペンションが崩壊した。テスラは、保証に基づいて13,000ユーロの修理をカバーするのではなく、問題の原因を「以前の」損傷に帰しました。

テスラは欠陥部品を故意に取り付け、顧客に修理費を支払わせた

米国のモデル 3 オーナーも同様の悪夢のようなシナリオに直面しました。 EV は、1 年間の所有期間で 24,140 km 未満の走行距離で、オートパイロットを使用して 97 km/h で走行中に前輪が外れました。テスラは2021年1月から2022年3月にかけて世界で約12万台の車のアッパーコントロールアームを交換したが、古い車の所有者約3万1000人がサスペンションの故障の費用を負担しなければならなかった。

ノルウェーでは、テスラの元サービスマネージャーと技術者が、頻繁に故障した場合の費用を顧客に転嫁するよう指示され、2017年以降保証とのれんの修理費用を事実上削減されていたと主張している。この非倫理的な行為が辞任を促し、あるサービスマネージャーは「今は我々は我々を雇っている」と述べた。たわごとを言うのはやめなければなりません。」

テスラは欠陥部品を故意に取り付け、顧客に修理費を支払わせた
テスラは欠陥部品を故意に取り付け、顧客に修理費を支払わせた

テスラの問題はコントロールアームだけでなく、ハーフシャフトやステアリングコラムにまで及び、車両がまだ保証期間内であるにもかかわらず、顧客が修理費として3,700ユーロ以上を支払うこともあった。設計上の問題が解決せず、テスラはモデル S のフロント アフト リンクを何度も再設計することになりました。しかし、この改訂部分は中国向けのEVのみに適用されたようで、何年も遅れた後に最終的にリコールが余儀なくされた。

コスト削減を追求するため、テスラは、2018 年第 4 四半期の修理事業での 245 ユーロという驚異的な損失を補うために、顧客を「運転手の虐待」で告発するという手段に訴えました。この損失は四半期利益のほぼ 2 倍に相当し、テスラはほぼ 200 ユーロの支払いを余儀なくされました。当時稼働していたすべてのテスラ モデルの修理には 466 が必要です。

2023-12-22 18:27