テスラの完全自動運転バージョン 12.1 ベータ版はさらなる遅れに直面する

1 min read

テスラの待望の完全自動運転 (FSD) ベータ バージョン 12.1 は、ゆっくりと展開を開始しており、従業員を超えた将来の展開とその「ベータ」の区別の妥当性について疑問が生じています。自動運転における革命的な変化が約束されているにもかかわらず、テスラは自動運転の目標達成でさらなる遅れに直面しているため、懐疑的な見方が根強く残っている。

最近の更新で Teslascope は、FSD ベータ v12.1 が現在 15,000 台を超える個人所有の Tesla 従業員車両の初期段階に達していることを明らかにしました。これは先月従業員に限定的に公開されたことに続き、早ければ1月中旬にも一般公開されるのではないかとの憶測を呼んでいる。

完全自動運転 (ベータ) V12.1 が Wave1 に展開され、これには 15,000 台を超える個人所有の @Tesla 従業員車両が含まれていることが確認できました。それは現在進行中です。

— テスラスコープ (@teslascope) 2023 年 12 月 27 日

市街地走行向けのニューラル ネットワーク ベースのシステムへの移行は、FSD ベータ v12 で約束された改善の中核です。このバージョンは、30 万行以上の人が書いたコードを削除し、代わりに数百万のビデオ クリップでトレーニングされたエンドツーエンドのニューラル ネットワークに依存することを目的としています。 CEO のイーロン・マスク氏は 8 月に FSD v12 の初期ビルドを披露しましたが、リリースノートには依然として「ベータ」という用語が含まれているため、「ベータ」という区別の削除については疑問が残ります。

しかし、重要なFSD v12アップデートが遅れたため、テスラの自動運転への野望は挫折に直面している。マスク氏は年末までに自動運転を実現すると繰り返し約束しているにもかかわらず、この目標は再び延期されるようだ。このアップデートでは、人工知能を通じて車両の制御を処理する「エンドツーエンドのニューラルネット」を導入する予定だが、カリフォルニア州外では追加のテスト要件に直面している。

テスラの完全自動運転バージョン 12.1 ベータ版はさらなる遅れに直面する

マスク氏は、このシステムはカリフォルニアでは良好に機能しているものの、降雨量の多い地域ではより多くの訓練が必要であり、さまざまな気象条件におけるその有効性についてFSDベータテスターの間で懸念が生じていることを認めた。この遅れは、特にテスラがベータ後の段階の計画について口を閉ざしたままであることから、真の自動運転システムを提供するテスラの能力に対する懐疑的な見方を強めている。

テスラは依然として、FSD ドライバーに対し、常に実践的で制御を行う準備ができていることを義務付けており、オートパイロットまたは FSD での事故に対する自動車メーカーの責任は免除されています。 v12 は多くの車に搭載されているというマスク氏の主張にもかかわらず、社内従業員のテスト車両と顧客のアップデートを区別することが重要であり、展開の実際の進捗状況については不確実性が残っています。

テスラが遅延と「ベータ」ラベルを取り除くというとらえどころのない目標に取り組む中、その完全自動運転機能の実用性と安全性については懐疑的な見方が広がっている。 FSD ベータ版 v12.1 の公開は重要な一歩を踏み出しましたが、さまざまな条件下でのシステムのパフォーマンスや責任を負うテスラの取り組みに関する疑問は依然として解決されていません。

2023-12-28 23:55