テスラのインドへの20億ユーロの投資は減税に依存

1 min read

テスラは再びインド市場に注目しており、今後数十億ドル規模の投資が行われる可能性がある。しかし、この動きは、電気自動車の輸入税の引き下げという重要な要素に依存しています。テスラのインド事業は繰り返し取り上げられるテーマだが、実現への道は、特に契約の成否を左右する輸入関税などのハードルで舗装されているようだ。

エコノミック・タイムズの報道によると、テスラはインドでの製造拠点を確立するために最大20億ユーロの多額の投資を検討しているという。しかし、この決定は電気自動車に課される輸入税の運命に不安定にかかっています。現在、インドの輸入税構造は輸入 EV の購入者に多大な負担を課しており、約 37,000 ユーロ相当以上の価格の車には 100% もの高い税率が課されています。より手頃な価格の電気自動車であっても、70% の税率に直面することは避けられません。

テスラのインドへの20億ユーロの投資は減税に依存

テーブルにある提案された解決策は、EV に対する 15% の輸入税です。この税率が受け入れられ、年間最低1万2000台の車両に適用される場合、テスラはインドに4億6600万ユーロの投資を約束する可能性がある。しかし、輸入量が3万台以上に拡大すれば、テスラの投資は20億ユーロという驚異的な額に跳ね上がる可能性がある。

公式発表はまだほとんどないが、非公式情報筋はインド政府がこの提案を積極的に検討していることをほのめかしている。これは、現在大幅な成長を遂げているインドの電気自動車市場にとって重要な転換点となる可能性がある。

しかし、このテスラ工場はインドではどのような形になるのでしょうか?上海、ドイツ、テキサスにあるような大規模な電気自動車製造工場には、20億ユーロの投資では十分ではないかもしれない。テスラのインドでの事業が、最終組立工場や特定部品の生産施設として現れる可能性がある。工場の正確な性質は謎のままで、明らかにされるのを待っています。

テスラのインドへの20億ユーロの投資は減税に依存

注目に値するのは、15%の輸入税が実施されれば、成長するインドのEV市場への投資を目指すすべてのメーカーに適用される可能性が高いことだ。これにより外国投資の波が押し寄せ、インド国内での競争がさらに激化する可能性がある。インドの大手EVメーカーであるタタ・モーターズやマヒンドラのような国内大手は、本拠地で競争の激化に直面することになる。

テスラのインドへの潜在的な20億ユーロの投資は、EVの輸入税に関するインド政府の決定次第で、危機に瀕している。提案されている15%の輸入税が現実になれば、テスラの同国への多額の投資に道が開かれると同時に、より多くの外国メーカーがインドのEV市場に参入する扉も開かれる可能性がある。インド政府は動くだろうか?それとも、地元製造業者を保護することを期待して、この路線を維持し、高い税金を維持し続けるのでしょうか?

2023-11-27 12:06