テスラの「ハイランド」モデル3の先行生産がフリーモントで開始

1 min read

テスラの製造拠点の中心であるフリーモント・ギガファクトリーでは、待望の「ハイランド」モデル3の先行生産のささやきが現実となった。オンラインで出回っている写真には、フェイスリフトされたモデル 3 の組立ラインが示されており、アメリカの愛好家にとって一新された運転体験が示唆されています。

オリジナルのモデル 3 も独自の地位を保っていましたが、最新版はより静かな車内とより快適な乗り心地を誇り、ワンランク上の旅を約束します。世界の他の国々はすでに改良された魅力を体験しており、米国の常連客は自分の番を心待ちにしています。

フリーモント工場でモデル 3 をリフレッシュ byu/LavishnessThink6831 インテスラモーター

最近の Reddit の投稿では、カリフォルニアの太陽の下でリフレッシュされたモデル 3 のスナップショットが掲載され、生産に関する話題が最前線にさらされています。一部の懐疑論者は、一部に中国語の文字があることから、これらは中国からの輸入品ではないかと推測していますが、真実は見た目よりも複雑のようです。

興味深いことに、中国のロゴで飾られた青いモデル 3 にも、フリーモントの起源を示す 5YJ で始まる VIN が付けられていました。上海のモデルとは異なり、アメリカ製のモデル 3 にはこの固有の識別子が付けられており、国内の起源を強調しています。

12 月 17 日に Tesla Engineering Fremont で発見された Refresh Model 3。2023 Fremont VIN が付いていますが、トランクには中国 Tesla のバッジが付いています。 byu/vanshv2003 インテスラモーター

世界デビュー後の米国の道路で、偽装および偽装されていないフェイスリフトされたモデル 3 を見つけると、興奮がさらに高まります。差し迫ったモデル移行に向けて工場で必要なアップグレードが、差し迫ったモデル移行をさらに確実なものにします。

Reddit ユーザーは、目の肥えた米国市場にとって必須の機能である、琥珀色のインジケーターを備えたプロトタイプに注目して、細部まで熱心に観察しました。一見小さいように見えますが、これらの指標は、「ハイランド」モデル 3 をアメリカの道路に合わせて調整するために細心の注意が払われていることを強調しています。

この啓示は、これ以上に最適な時期に行われたものはありません。 7,000ユーロの税額控除の対象者リストが狭まるなか、「ハイランド」モデル3は大きな影響を与えることになるだろう。フェイスリフトされていないモデル 3 は、パフォーマンス バージョンでのみ全額税額控除の対象となりますが、アップデートされたモデルでは、より広範な EV 市場に合わせて、このインセンティブが全範囲に広がることが期待されています。

2024-01-04 09:48