テスラ、新型電気自動車の発売目標日を明らかに

1 min read

テスラは2025年の大衆向け小型クロスオーバー車の発売を目標としており、同自動車メーカーにとってこれまでで最高価格の車になるのではないかとの憶測が高まっている。

テスラが昨年のサイバートラック以来初の新車発売計画をサプライヤーに通知していると主張するロイター通信の水曜日の報道を受けて、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は決算後の電話会見で、同社が全車種の生産を開始する予定であることを認めた。 -2025年後半にテキサスの施設で新しい電気自動車を導入。

この次期自動車のコードネームは「レッドウッド」だと伝えられており、テスラは週に1万台の生産を目指すと関係者がロイターに語った。しかし同報道機関はまた、テスラが納期に間に合わないことで知られており、最も有名なのは2019年に発表されたピックアップトラック「サイバートラック」だが、最初の製品が昨年末に生産ラインから出荷されるまでにいくつかの発売目標を達成できなかったことも指摘した。サイバートラックの量産は 2025 年まで開始されないと予想されています。

テスラが、2023年最終四半期にテスラを追い抜いて世界トップの電気自動車メーカーとなった急成長中の中国の競合企業BYDに対抗するために、次期車両が競争力のある価格設定になる可能性がある。価格は2万5000ドルとなっている。過去にマスク氏が主張したが、現在の最も安い車両であるモデル 3 の小売価格が 38,990 ドルであることを考えると、これほど魅力的な価格を達成するのは難しいかもしれない。また、Cyber​​truckの開始価格は最終的に6万990ドルとなり、当初の予想より約2万ドル高かった。

マスク氏は以前、テスラも未来的な自動運転タクシーの開発を計画していると語ったが、それがいつ日の目を見るかは不明だ。

水曜日に発表されたテスラの第4四半期利益は252億ドルで、前年同期比約3%増加した。

2024-01-25 07:25